小生の備忘録

akane928.exblog.jp ブログトップ

MT-01 OS 16 大台ケ原ドライブウェイ・旧行者還林道




a0339187_07064856.jpg

梅雨の晴れ間と休みが重なれば、行くっきゃないとGoproを携えて走りに出かけた。熊野古道を調べていたときに、最も険しい修業道として「大峯奥駈道」のことを知った。もちろん山歩きは素人なので、大峰山脈の縦走なんて夢の又夢。ならば、災害や冬期間閉鎖などで走ったことのない「行者還林道」を走ってみようと尾鷲に向かった。


a0339187_09303305.jpg
国道42号 山ノ川峠

尾鷲までは名古屋から自動車道で一本で行ける。170kmの距離だから、約2時間でちょうど、MT-01 のガソリンも気になる頃、尾鷲にあるいつものスタンドで給油する。尾鷲の駅前に「鬼瓦」という和食のお店があるが、食事時であればぜひ立ち寄りたいお店。マンボウや鯨、クエなどのご当地食材はもちろん、お昼の魚煮付け定食なんてのが一番だったりする。

尾鷲からは、新しく自動車道が大泊まで伸びてはいるが、バイクで走るなら旧道の42号山ノ川峠が面白い。高規格な道で交通量が少ないので、快適に飛ばせるルート。途中の道の駅でトイレ休憩も丁度いいあんばいだ。


a0339187_09321276.jpg
きなりの湯

309号に出会ったらこれを北上。さらに交通量の少ない快適なくねくね路が始まる。熊野大社へ行くときには途中の国道169号を左折して向かうのだが、今回は309をさらに北上して下北山村に入り込む。それなりに山奥に入ったところだけど、この「きなりの湯」は賑わっている印象だ。アルカリのぬるぬるした良い温泉のようで、口コミもいいらしい。しかし残念ながら自分は一度も入浴体験なし。。。バイクの格好ではなかなか立ち寄り湯に入ろうなんて気が進まない。いつか、クルマで来たときには入ってみたい温泉。


a0339187_11061636.jpg
池原貯水池

程なくダムに到着。満水のためか、島のように森が残っていて面白い。ここはかなり大きなダム湖なのだが、なぜか貯水池って地図には書いてある。梅雨時にもかかわらず、澄んだ湖面がホントにきれい。


a0339187_09324959.jpg
道の駅 吉野路上北山

人の気配のしない地域を抜けてやっと現れるのが道の駅。これから先はまた民家が途切れるので、トイレ休憩とガソリン補給が気になるポイントだ。天気も良くなってきたので、多くのバイク仲間が走ってゆく。


a0339187_09332042.jpg
大台ケ原ドライブウェイ

ここは国道169号から大台ヶ原へ入る分岐部。3kmほど続く北斜面の間は路も狭く日陰が多く走りづらいが、トンネルを越えて南斜面出た後は、適度なRを持ちながら残り15kmほどの快走路となる。冬期間閉鎖はやむ終えないにしても、とても整備された路面で楽しいくねくね路。ただし、途中には展望台とか休憩場所に乏しく、一気に突きあたりの駐車場まで走ることになる。

a0339187_09370888.jpg
a0339187_10531110.jpg
a0339187_10462383.jpg

南斜面に入ると展望が開けて、山の峰をつないで走ってる感があってとても爽快!! 高度も1000mを越えて通り抜ける風も涼しい。センターラインこそ引かれてないけど、幅員は十分にあってすれ違う対向車ともマージンがある。

a0339187_10502274.jpg
大峰山脈

南西方面を望むと八経ヶ岳をなどの山々が見渡せる。この先向かおうとしている行者還岳もこの山脈の一つだ。それにしても、山肌は鋭利で深い。脇道もほとんど無く、深山の中を走ってゆく。


a0339187_10470800.jpg
大台ヶ原駐車場

大台ケ原ドライブウェイの終点が駐車場でハイカーや観光バスであふれていた。曇り空と雨に覆われる梅雨の合間、青空が気持ちいい。この路はもともと有料道路であったはず。現在は県道の扱いであるが、気候の厳しいところにも関わらず、路面の整備は良くされている。稜線をつないでそれなりのペースで走れる楽しいロードだ。


a0339187_10522175.jpg
旧行者還林道(国道309号)

今日のハイライト、行者還林道の入り口に到着。地図を眺めてみても、険しい山岳路ってのが伝わってくるし、冬季閉鎖や災害でこれまで通過したことがなかった。平日は通行止めにもなるようだが、幸い休日の今日は通行可能と看板が出ていた。



a0339187_11031627.jpg
a0339187_11034576.jpg
行者還トンネル

行者還岳の南を貫くトンネルだ。行者還とは、読んで字のごとく、屈強な修業の行者ですら険しくて引き還したという意味から付けられたそうだ。路面自体はちゃんと維持されていて、地図の上から想像したよりは、そこそこ車幅もあって酷道としては整備された峠道だった。しかし周囲の山々は近くまで迫っており、谷は狭く深く山深いところにいるってことが実感できる。南アルプスや中央アルプスの山々とはまた違った風情を感じるところだ。山のスケールではアルプスのほうが大きいが、山の深さを感じる点では紀伊半島の山々のほうが際立っていると思う。

a0339187_11044816.jpg
大峰奥駈道

トンネルの西口には大峰奥駈道への登山路が示されていた。登山者のクルマで駐車場はいっぱいだった。吉野から熊野大社まで山の峰をぬうように大峰奥駈道は作られている。いくつかある熊野古道の中でも最も困難なルートであった。自分もリタイアして時間が持てるようになったら、この大峰奥駈道は走破してみたいものだ。

a0339187_11071398.jpg
みたらい渓谷

南北朝時代からの言い伝えが残る景勝地。真っ青な淵と大小の滝、奇岩などなど遊歩道が整備されていた。夏の暑い時期のドライブ先にはいいところだ。近隣には温泉もあるらしい。

a0339187_11094733.jpg
道の駅 吉野路黒滝

このあたりは初めての土地。道の駅に立ち寄って観光案内の勉強をした。天気に誘われて同類のバイクがぞろぞろいた。それにしても道の駅って、どこも同じような作りをしてるな〜。まあその分、安心して利用できるってのもあるけど。その土地の特色を生かした建物や展示ができればいい。

ここで休憩した後は、黒滝村を抜けて吉野の上に出ようと思っていたのだが、県道257号線を見落として結局、下市口まで降りてしまった。


a0339187_11131646.jpg
吉野七曲り

下市口からは吉野川の南側の抜け道を東へ。この時点で午後1時過ぎであったので、おまけに吉野に登ってゆこうと決定。吉野神宮の駅前から七曲りを登っていった。

と、そこまでは覚えてるのだが、次に思い出せるのは、バイクが路肩から外れて一瞬で右に転倒するシーンだった。まったく受け身も出来ずに右肩から地面にたたきつけられた。路上に倒れたまま、右脚が下敷きのままでうごけず。。。通りがかりのクルマも止まってくれて、数人にバイクを起こしてもらった。

不幸中の幸いで、バイクは再始動が出来て痛みをこらえながらも、名古屋までの150kmを自走して帰ることができた。ブレーキレバーと右のミラーに少し傷が付いた程度で、上下2個所のスライダーがすべてのダメージを受け止めてくれていた。


a0339187_00420206.jpg

事故直前と帰宅するまでの数時間、記憶が飛び飛びになっている。吉野神宮駅の公衆電話で家族に転けたことを伝えたようだが、意味不明の事も口走っていたようで家族はどん引きしたようだ。Bluetoothイヤホンで電話の受信はできたので、心配する家族から30分ごとに電話が入りながら名古屋に帰った。勤め先でCTをみてみたら、右肋骨が2本ほど折れていて、肩鎖関節がちょいと欠けていた。つなぎに鎖骨専用のプロテクションをオプションで付けていたが、骨折を免れたのはこいつのおかげかも。20年前からの使い古したつなぎでは一度も転けたことがないのに、新調したばかりでさっそく転けてしまうなんて、なんてことだ。

スライダーはげっそり削れたが、それ以上に心はポッキリ。転倒の原因が思い出せないのも辛く、居眠りなのか、よそ見なのか。こけた場所もわからなくって、グーグルマップでこのあたりかって目星を付けたのが上の写真。この先のカーブをまがれば、そこはもう目標としていた吉野神社であった。

肋骨の痛みが取れるには、2~3週はかかるだろう。家族にも心配かけさせたし、今しばらくは大人しくしなきゃ。



by akane8150 | 2016-06-30 16:17 | Motorcycles | Comments(11)
Commented by Rip at 2016-07-01 12:08 x
知っている道や場所がたくさん出てくるなあと楽しく読んでいたところ、突然ビックリ。
骨折もあってたいへんですね。

読んでいて、フロントのスリップダウンのように感じましたが。
当分の間はケガの治療ですね。
どうぞお大事にしてください。
Commented by akane8150 at 2016-07-02 08:53
こんばんは 行者還はもっと険しい峠道かと思ってましたが、交通量もそれなりにあり 想像したよりもぜんぜん 開かれた場所でした。
記憶が途絶えてるので転けた理由が分かっていませんが、多分疲れによる居眠りが原因では無かったかと思ってます。これまではちょいと疲れたら バイクを停めてたばこを一服してリフレッシュしていましたが、禁煙中でついつい走りっぱなしになっていました。この2,3週はバイクお休みです_(._.)_。
Commented by shibuuu at 2016-07-02 11:43 x
ポックリ折れた心は立ち直りましたか?
車が通る場所で助けてもらい本当に良かったですね。怪我も酷くなくて、無事に帰れてご家族も安心した事でしょう。しばらくはおとなしく。ですね!
温泉好きが通り過ぎるとはもったいないですねぇ。アルカリの温泉!!いいですね。
道中の景色もまたいいです。猛暑にじりじり暑い日々が始まりフルメットにつなぎは私ならキツいな〜笑
Commented by akane8150 at 2016-07-02 14:17
いや〜 参りました_(._.)_
バイクは転けるモノだと、改めて実感しました。患者さんにはクールに接するけど、いざ自分が患者さんになると痛みがよく分かります。くしゃみや咳がこんなに辛いとは思わなかった。
また、通りがかりとはいえ、見知らぬ人に助けてもらえてラッキーでした。これが山奥の林道だったり、高速道路上だったりしたら、ゾッとします。
Commented by LYNX at 2016-07-02 19:09 x
大きな事故にならなくて良かったですね。
最後のどんでん返しなストーリーには本当に驚きました。
僕の保険会社に勤める友人が事故にあってからクライアントの気持ちがいっそう解るようになったと言ってました。自分が経験して初めて解ることも多いですね。
しばらくは自粛とのことですが、また新しい気分でバイクライフをエンジョイしてください。
くれぐれもお大事にしてくださいね。
あっMTミーティングはどうなるんでしょう?
Commented by akane8150 at 2016-07-02 21:42
LYNXさん こんばんは
明日もツーリングクラブの定例走行がありますが、さすがにお休みです。しかし肋骨の痛みも1週間でずいぶんと楽になっています。01は幸いにもほとんどダメージがなく、アグラスのエンジン・フレームスライダーに救われました。スライダー樹脂を交換する以外は、カウル・マフラー・エキパイなどなど全くの無傷でした。
今はそのスライダー部品待ちですが、再来週からは復活の予定です。8月にはスーパーカブの耐久レースも控えており、カブの走り込みもしなくては。。。(^^ゞ ですから、9月のMTミーティングは完調で臨みます。
それにしてもミーティングについての特設LINEは大盛り上がりですね。パワフルな01乗りばかりで (*゜Д゜) です。
Commented by LYNX at 2016-07-02 22:38 x
身体もバイクも軽症で良かったです。
それではミーティングは万全ですね。

しかしLINEは呆れるくらい凄いでしょ?(^-^)

Commented by bikebiyori at 2016-07-09 21:12
楽しく拝見してたら…!!!!!

びっくりしました!
無事帰れてよかったです(*_*)

痛みはどうですか?

バイクは転けるもの…
肝に命じます
Commented by akane8150 at 2016-07-10 06:03
こんばんは
 痛みはずいぶんとよくなり、家族にも8月に入れば性懲りもなくバイク解禁と宣言しています(^^ゞ。
 これまでにも、ずいぶんとバイクの事故は経験していますが、居眠り(たぶん)は全然ダメ。400~500kmの日帰りツーリングをしてしまう自分は、この転倒を肝に銘じて二度と起こさないようにと思っておりますm(__)m
Commented by セロ尾 at 2016-07-25 12:42 x
私の転倒記事にコメントいただきありがとうございましたw
こういうことだったんですね…お疲れ様でした

バイクでケガすると家族の冷たい目が気になりますよね~
私もしばらく自粛しております。
ま、暑いのであまり出かける気になりませんがw
Commented by akane8150 at 2016-07-25 20:24
こんばんは  セロ尾さん
お互い早く治って、そーっと復活しましょう(^^)

 高倉峠は貴殿の記事を見て、久しぶりに制覇してきました。刺激を受けて、五僧周辺、御池あたりはよく出かける先となり、権現谷、藪谷、茨川など貴殿やお仲間のブログで勉強して挑戦しています。個人的には大杉林道が大好きです。先週、幾里谷へ上がったときには、発電所跡のドイツ兵に出会う前に道が土砂崩れで通れませんでした。
 貴殿のブログアップはいつも楽しみにしています、これからもよろしくお願いします。
line

Golf Bike Cars and Beer


by akane8150
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite