小生の備忘録

akane928.exblog.jp ブログトップ

GL1200サイドカー 7 東北の旅 その5-5 銀山温泉 鳴子温泉



a0339187_17013148.jpg
銀山温泉


 宿泊予定の鳴子温泉は宿の前を素通りして、50kmさきの峠を2つ超えた銀山温泉を目指した。銀山温泉で立ち寄り湯を「ざばっ」と浸かって、とんぼ返りで鳴子に戻れば夕飯には間に合うだろうという魂胆だった。鳴子温泉の宮城県から峠を越えて山形県にはいる。空いた山道を快調に飛ばしているとクラッチレバーの抵抗が小さくなっていることに気付くけど、気のせいか? まだ夕日の残っている間に銀山温泉に無事に到着。

 温泉街の中心まで入り込んでしまい、Uターンして温泉街入り口にあった共同駐車場に滑り込んだ、が、、、クラッチが切れなくてニュートラに入れることができない。エンストして停止。オイルにエアでもかんだかと思って数回握りかえしても、レバーはすかすか状態!!

さて困った(T^T)。。。 クラッチが切れないので、1速発進ができない。走り出すにはクラッチをつないだまま、セルモーターのパワーで助走を付けて無理矢理走り出すしか方法が無くなった。ここまで来たのだから、銀山温泉に浸かりたいのだが、駐車場から共同浴場まで800mほどあって、往復の時間とお風呂で日没になってしまう。


a0339187_11455990.jpg
a0339187_11464731.jpg

 レバーのタンクには漏れは無し、ジェネレーター付近からオイル漏れがありそうだけど許容範囲。銀山温泉はあきらめて、早く宿泊予定の鳴子温泉に戻り、近隣のバイク屋さんに見てもらおうと決心した。

 しかし、峠を2つ超えて再び鳴子温泉まで戻る50kmの道のりは遠かった。。。クラッチは回転数を合わせて上下変速できるので走り出してしまえば問題ない。しかし交差点の信号や工事の片側通行規制の個所があって、バイクを止めて再発進する場面がある。その都度、エンストしたあげくに、セルモーターでの無理矢理な発進となった。後ろのクルマに迷惑はかけれないし、追突されるのも怖い。境田の分水嶺超えて、宿までの道がくだり道に変わり安心できたときは思わずガッツポーズだった。 


a0339187_17194074.jpg
鳴子温泉


 それでも信号で止まらなくてもいいように、手前からスピード調整しながらひやひやで鳴子温泉の宿に着いた。フロントで記帳だけ済ませ、スマホで近隣のバイク修理屋さんを調べてた。そして見てくれるという、5キロ先のショップを薄暗くなった国道をのろのろ停車しないように向かった。


a0339187_13202275.jpg
マイカーショップ カワタビ


 ついた先はどう見てもクルマの修理屋さん。「バイク修理」でググったのに、お店のひとには申し訳ないことをした。クラッチが切れないことなどを伝えて、クラッチレバーのタンクを見てもらうとほぼ空に。油圧クラッチのしくみははクルマと同じなので、クルマ用のクラッチオイルを補充してもらい、レバーを数回握ってみる。すると「すかすか」から「むにゅむにゅ」くらいには握りごたえが出てきた。合わせて、エンジン周りを見てもらうが、リリースクラッチはエンジン後ろ側で容易には見えないところ。ただし、オイルがダダ漏れになっているようでは無さそうだった。

 ここにバイクを置いて名古屋まで後日陸送をすることも可能とお店の主人から提案も頂く。名古屋までまだ800km、もし途中で動かなくなったら再度、どこかに駆け込んで陸送の手配から、自分の電車の事まで考えなくてはならなくなる。このお店で陸送をお願いして、翌朝鳴子温泉から電車で出発すれば、夕方には確実に名古屋に着いているだろう。

 しかし幸いなことに、シフトチェンジは入りにくいけど、ひとまずエンストはしなくなった。この補充した状態で様子をみて、翌朝やはりだめなら陸送、良くなっているなら自走で帰ると決心した。すでに夕刻6時を過ぎて宿に戻らなくてはいけない。ショップの主に翌朝再訪してどうするか決めますと伝えた。


a0339187_17185900.jpg
鳴子温泉 旅館すがわら
a0339187_15072609.jpg

 宿に戻りやっと荷を下ろすことができた。時間になってしまったので、そのまま夕食に。ひとり旅なのにこちらも部屋出しの設定で、名物の仙台牛を濃いめのすき焼きで頂く。なんとか宿に着けた安心感で生ビールがめちゃくちゃ旨い。


a0339187_15073620.jpg
a0339187_13183202.jpg
すがわらブルー(つれづれ草さんより)


 旅館すがわらは創業100年以上にもなる老舗の旅館だった。鳴子温泉は様々な泉質の温泉が湧いていて、このお宿はナトリウム-硫酸塩・塩化物泉 PH8.7 源泉98度 お風呂は幾つかあってそれぞれに趣がある。とりわけ「摩天の湯」は鳴子温泉の中でもメタケイ酸が498.6mgと最も高く、シリカコロイドの散乱で時々青色に変化するそうな。小生が入ったときには、乳白色の色合いであったが、ときおり上の写真のような鮮やかなブルーに変色する。これを「すがわらブルー」とも呼んでるらしい、ぜひ体験してみたい。
 お宿は良く言えば「レトロ感満載」、辛口に言えば「古くさい」なんだけど、100年以上続いてきた生えぬきの宿として素晴らしいと思った。ひとり旅も快く受けいれてるし、なによりお湯が素晴らしい。鳴子温泉は外湯を巡るのもお勧めなのだが、明日からのことを考えると気分にゆとりが無くって今回は行けなかった。残念!!


a0339187_13212800.jpg
 寝る前に、もう一度車庫に収まっているGLばあさんを診てきた。クラッチオイルを補充してからは、レバーの握りごたえもでてきて望みがでてきたような。。。明日の朝になっても、今くらいクラッチが使えるのなら高速道路を乗り継いで名古屋まで帰れるだろう。ここまで一緒に走ってきたGLばあさんを一人残しては帰れまい。


a0339187_15064868.jpg
さて、翌朝。

 起きてバイクの元に。レバーの握りごたえはOK、床にもオイルの染みだしはない。エンジンを掛けてレバーを握っても完全では無いけどギアチェンジができる。!!

「一緒に家に帰ろう」

 それでも途中で陸送になっても良いように、重要な手荷物だけすぐに出せるように荷造りをする。豪華な朝飯で腹ごしらえ、貸し切り露天風呂でゆっくりと温まって宿を出た。まずは、前日のクルマ屋さんに直行し事の次第を伝える。オイルの補充があれば安心なので、クラッチオイルを少し分けてもらって携帯した。このショップが面倒見てくれなかったら自走することも断念しただろう。本当にありがとうございました。


a0339187_17204228.jpg
羽生PA 上り


 雨雲レーダーでは、名古屋に近づくほど雨雲が色濃くなっている。上下のカッパに長靴、ボアつきゴム手袋、この旅行の「正装」ともいえる姿で走り始める。高速に乗ってしまえば、クラッチのきれの悪さも関係なし。エンジンの吹け上がりは旅の初めを思うと全然良くなっていて、マフラーや燃焼室内のスラッジが排出されたんだろう。リアアクスルあたりからのゴロゴロ異音はずーっと続いてはいるが、走行には支障ない。カバーを掛けてたけどパッセンジャーの床は雨水で「ずくずく」になっていて、床マットを干してやりたいくらい。

 東北自動車道古川ICから高速に乗って一路、名古屋を目指す。最初の休憩は160km先の安積(あさか)PA、土曜の午前なので地元のバイクに混じっての走行。コーヒーで一息入れて、羽生PAを次の目的地としてナビに入力する。東北自動車道路から圏央道内回りにはいって、東名高速に抜けるっていう寸法だ。羽生PAはこじゃれていておしゃれなパーキングエリアだった。大道芸人がひとを集めていたり、フードコートも手が込んでいた。鳴子温泉を出て360km、4時間が経過 食べると眠たくなるからとお昼ご飯を我慢してきたが、さすがに腹が減ってカレーパン1個口にする。


a0339187_13310879.jpg
足柄SA 下り


 ナビのおかげで高速道路の乗り継ぎには不安なく通過できた。東名自動車道路、海老名のジャンクションでは「名古屋」の文字を久しぶりに見て感動、家に向かってるんだって実感した。土曜日の夕刻ではあったが、下り方面の高速道路は渋滞知らず。快調に制限速度+αで西に向かう。ガソリンタンクは22L入って、燃料警告灯がつくと残り4.5L。今回の平均燃費は12~14Km/L でだいたい220kmも走ればそろそろGSを探すことになる。


a0339187_13304737.jpg
上郷SA 下り


 3輪で安定している分、緊張感がうすいのでついつい眠気に襲われる。特に新東名は変化がないので辛いけど、カーブが少なくサイドカーにとっては走りやすい。休憩を取りながら淡々と走り、ついには愛知県の表示をくぐる。8日ぶりだ。自宅までもうちょっとの上郷SAで最後の休憩を取る。ここはツーリングの帰りにはいつも寄るところなので、ますます家に近づいてきたことを実感できる。聞き取りにくい東北弁の世界から、馴染んだ名古屋弁の喧噪に変わる。


a0339187_17212895.jpg
a0339187_17215626.jpg
自宅に帰還


 そしてついに帰宅。日はとっぷりと暮れて夜の8時。午前10時に東北自動車道に乗ってから10時間かけて800kmを走った。心配していたクラッチは、エア抜きができたように元に戻って何も無かったかのようにギアチェンジが可能になっていた。リザーブタンクのオイルの減りも目立たない。
前夜、置き去りにしようか悩んだが、無事に連れて帰れて本当に良かった。東北1周の旅、8日間、2600kmを走行。行きたかった場所、浸かりたかった温泉、通りすがりで助けてくれた人たち、酷使に耐えて一緒に走ってくれたGLばあさん、すべてにありがとう。

 荷物をささっと下ろして、自宅の風呂にどぼん! 温泉じゃ無いけど、家はやっぱりいいものだ。いつもの発泡酒の缶ビールをシュパッとしながら、次は九州をGLばあさんで走ろうなんて思いついた。本日の航行距離 800km 

a0339187_21484236.jpg

おまけ

独断と偏見の総括

温泉泉質ベスト3
1位 蟹場温泉 重曹炭酸水素泉(閑静な木風呂はこれぞ日本の温泉)
 2位 鳴子温泉 塩化物泉(多種にわたるアルカリ泉)
 3位 不老ふ死温泉 含鉄-ナトリウム-マグネシウム-塩化物強塩泉(有名な露天よりも内湯の湯量の豊潤さ)

お宿ベスト3
1位 黄金崎 不老ふ死温泉(立地と設備、食事バランスがいい) 
2位 下風呂温泉 つる屋さつき荘(女将さんと主人のもてなしが嬉しい) 
3位 鳴子温泉 旅館すがわら(レトロな温泉旅館はこうあるべき)

景色ベスト3 
1位 玉川温泉の紅葉(全山紅葉、言葉を失う)  
2位 寒風山の展望(世界三景は言い過ぎかも)  
3位 牡鹿半島の御番所公園(広がる太平洋と金華山)

食事ベスト3 
1位 気仙沼ホルモン お福(新鮮でジューシーなホルモンは初めて)
2位 青森 のっけ丼(ネタを選ぶのが楽しい) 
3位 八戸 八食センター なんぶや(せんべい汁、真ホッケのひもの) 

お買い物ベスト3
1位 八戸 八食センター(海鮮を中心に何でもあり、地元民も愛用)
2位 気仙沼 海の市シャークミュージアム(カニ、ホタテが豊富でお値打ち)
3位 南三陸さんさん商店街(仮設店舗だけど活気があって楽しい)

頑張って欲しいベスト5
1位 秋保温泉グランドホテル(せっかくの温泉をもっときれいに)
2位 青森駅前 海鮮市場(ずいぶんと寂れてしまった。。) 
3位 玉川温泉(宿泊費に見合った食事の提供)
4位 鰺ヶ沢 きくや商店(イカ焼き以外の新規メニュー開拓)
5位 秋田 蟹場温泉(一人旅でも泊めてください)


a0339187_10180252.jpg
GL1200Sidecar 東北の旅 10/7〜10/14 自走距離2600km



by akane8150 | 2017-10-25 08:00 | Motorcycles | Comments(8)
Commented by otnlife at 2017-10-25 17:14
こんにちは。
『風ごよみ』にコメント頂きましてありがとうございます。

長旅お疲れ様でした。
無事にお帰りになられて何よりです。
不安を抱えた状態で800kmの道のりは大変だった事と思います。

鳴子温泉・銀山温泉いいですね。
私も以前、山形~宮城をツーリングした時に鳴子峡の紅葉をみて感激しました。
少し懐かしく拝見させて頂きました。
Commented by Rip at 2017-10-25 19:58 x
お疲れさまでした。
すばらしい紅葉の景色、おいしい食べ物、すごくよさそうな温泉と、とてもゴージャスなツーリングですね。
でも雨が多く、気温はかなり低かったようですね。

今度、いつか東北に行きたいと思っています。
参考にさせてもらうことがいっぱいありました。

トラブルは何とか無事クリアできてよかったですね。
しかしゴールドウイングが「ばあさん」とは可哀想な。
800km走れたんだったら「おばさん」ぐらいに戻してあげていいのではないでしょうか。
Commented by akane8150 at 2017-10-25 22:20
風ごよみさん、お初の書き込みありがとうございます。
日々の日常を離れて、好きなバイクでロングツーリングが出来てホント楽しかったです。
貴殿のセンスのいいバイク環境、すばらしい。これからもクールなブログ更新を期待してますね。トライアンフの今後のモディファイも楽しみにしてます。
Commented by akane8150 at 2017-10-25 22:29
Ripさん、まいどです。
雨の中、カッパを着てずぶ濡れになりながら目的地を目指すなんて、今も昔も好きじゃなくては出来ないこと。ロングツーリングは楽しいこと、辛いことが折り重なって面白いですね。
GLはおじいさんから譲り受けたのでやっぱり「ばあさん」です(^^) 自宅に着いたときには、ウインカーも付かない・ブレーキランプも付かない・サイドブレーキもゆるゆるなんて、満身創痍のぼろぼろでした。現在は行きつけのショップで入院中。治療を施してリハビリして復活の最中です(^O^)。
Commented by bikebiyori at 2017-10-26 22:43
東北の旅、すごい距離ですねー!!!
お疲れさまでした。
行ってみたいなーって所ばっかり。
おまけのランキング、面白かったです
((* ´艸`))
Commented by akane8150 at 2017-10-27 20:16
bikebiyoriさん、こんばんは
昨年の家族旅行で津軽、盛岡に行っているので、今回と合わせて気になるところには足を伸ばした感じです(^^)
お風呂に入り損ねた銀山温泉が今後の宿題ですね ぜひ、東北旅行お薦めします
Commented by オネ at 2017-11-05 21:02 x
本日は西広瀬でお声をかけて頂きありがとうございました。
トラブルを乗り越えての東北一周お疲れ様でした。
私も納車後に南東北までぐるっと走りましたが、本車が古い故にトラブル続発で大変でした。
これからもよろしくお願いいたします。
Commented by akane8150 at 2017-11-06 08:37
こんちは ネオさん
ネオさんのサイドカー、小生のGLも高井さんところで造られたサイドカー繋がりですね。こちらこそ、これから色々教えてください_(._.)_
line

Golf Bike Cars and Beer


by akane8150
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite