小生の備忘録

akane928.exblog.jp ブログトップ

XT250 セロー 7  権現谷・白谷・大杉・御池・杠葉谷林道 五僧峠 君ヶ畑




a0339187_19045937.jpg

 滝谷武奈林道から霊仙山周囲の廃村を巡って霊仙河内の部落までやってきた。ここからは林道巡りの行程で、すでに11時を過ぎようとしており先を急ぐ。河内の部落からは霊仙山の南端がそびえ立つ。



a0339187_19053239.jpg
権現谷林道


 狭い峡谷がつづき、簡易舗装はされてるが、狭くて晴れでも薄暗い峡谷を進む権現谷林道。「これでもか」ってくらい落石があって、クルマではちょっと厳しい。日の当たらない所にはまだ残雪があって、冬の間に雪崩や土砂崩れでの道路閉鎖にならなかったのは幸いだ。秘境を思わせる雰囲気がいっぱいで好きな渓谷。


a0339187_19060345.jpg
白谷林道起点


 権現谷を過ぎてさらに南下、すると・・・ 小生にとっては「開かずの白谷林道」であるはずなのに、今日はロープが外されている!! ワクワク気分で「お初の白谷林道」に進入した。さあ、どんな景色が待ってるんだろう。


a0339187_11500218.jpg

 分岐してからは、地図の上でも十分に延長距離があってグラベルが20km近く続く。ガレていない硬めの林道なので普通に走りやすい。どんどんと高度をあげてゆくと、多賀の山並みが眼下に見えて天気も良いことも重なってすこぶる爽快、快感。


a0339187_19063035.jpg
霊仙山


 盲腸線だからやがてぷっつりと道路は無くなって終点になる。引き返す見通しの良い先に霊仙山の山頂が目の前に。なかなかこのお山を近くで見ることは難しいので、こんなにきれいに見えて感動!。しばらく見とれていた。同じ場所でも盛夏だったらお山も隠れてしまう、まだ木々の葉がない分、視界が開けていて得した気分。


a0339187_10535292.jpg

 ふと見つけた小さな沢の堰堤。残雪にちょっと隠れているけど、どこかで見た光景!、そうそう「セロ尾さん」のブログに挙がっていた「泣き顔堰堤」ではないかと確信。今日はお口からよだれ、左目から涙を流してるように見えた(^^)。この先、「堰堤」を見つけるとその排水孔についつい目が行ってしまうようになっちゃった。この白谷林道は初めて踏み入れたが、リピートしたい場所が増えてしまった。また天気のいい日には訪れよう。



a0339187_19071083.jpg
五僧峠


 権現谷にもどり、行きがけに遠望した五僧峠に立ち寄る。時山のゲートまでは下りていないので通行可能かどうかの確信は無いけど、碑の前には尾張小牧ナンバーのクルマが停車していて、時山方面から上がってきたのではないかと推測。



a0339187_19073119.jpg
a0339187_19074806.jpg
a0339187_11450768.jpg
大杉林道


 五僧からは南進して一旦国道302号経由で大杉林道にとりつく。その国道302号の鞍掛峠はいまだ災害で通行止め、これが通れるようになるとツーリングコースの選択肢が増えるのだが、今年の開通は見込めるんだろうか??

 本日のメインイベント、酷路林道の起点になる大杉部落に到着。部落の中を通り過ぎるとやがて植林地を経て、未舗装でガレだらけの大杉林道が始まる。特に峠の前後はゴルフボール大からげんこつ大の尖った石で埋め尽くされ、さらにざくざくと石が浮いているので走りにくいこと甚だしい。転けて右くるぶしをバイクにはさみ、痛い思いをしたのは昨年のこの林道だ。そんな痛い思いをしても、この大杉林道のワイルドさや秘境感、林道好きの小生にはたまらないところ。



a0339187_11485430.jpg
御池林道


 大杉林道を上がった先がこの林道、いいかげんガレ道走行に疲れたあとで、この広い舗装林道は正直ホッとする。ここなら転倒して動けなくなっても誰かが通るだろうって期待できる。まだ数日前に冬期通行止めが解除されたばかりなので、路面には落石ばかり。そんなんでもストレスなく快調に林道を下ってゆく。滋賀ナンバーのご夫婦にと遭遇し立ち話。「しゃくなげ」を楽しみに御池林道にやってきたそうな。今年はつぼみも見当たらないほど全滅と言っていた。花が咲いていればシャクナゲだって小生でも分かるのだが、たしかにその類いは見かけていない。

でもよくよく考えたら、シャクナゲって5月頃〜の開花じゃなかったっけ、まだ早いんじゃないのかなあ??




a0339187_19080914.jpg
君ヶ畑


 御池林道をどんどん降りてきて最初に現れるのが「君ヶ畑」の集落だ。そろってとんがり屋根が目に付くが、とても静かな所。

 「木地師」・・・バイクで山奥を走ると山陰、北陸、信州などなど、いたる所でこの君ヶ畑の名前が出てくる。それはこの小さな集落が日本に広がる木地師達のふるさとだからだ。その理由とは・・・この地で始まった「ろくろ」による木製品の加工は、良質の木材を求めてその木地師達の集団が全国の山奥に広がるきっかけとなった。やがて木材を伐採する「許可証」をこの地で管理するようになり、ますます君ヶ畑の存在は大きくなったようだ。なんせ、全国に広がる木地師達の半数がこの地を「本籍地」にしていたくらいだから。


a0339187_19083745.jpg
惟喬親王御廟所


 木地師にろくろを教えたというのが、文徳天皇の皇太子であった惟喬親王。時の権力争いから天皇には就かず、出家して隠棲した。その先がこの地であったとされ、地名もこれに由来する。巻物をほどくと芯がくるくる回ることから「ろくろ」が開発され、庶民の器であった白木の椀として広まったそうな。1000年以上も前の遙か昔のお話。それを今も大事に守り伝えていることは、素晴らしいこと。


a0339187_19085477.jpg
蛭谷 筒井神社


 君ヶ畑をすこし降りてくると蛭谷の村落が現れる。そこには筒井神社が鎮座し筒井公文所が並ぶ。公文所とは全国に広がった木地師達の免許を管理するところで、このお宮と合わせ「一生に一度は参拝する」聖地であった。このあたりは木地師の「小椋」「筒井」を名乗る住民が大半、これは同族婚姻が多かったなごりだ。


a0339187_19092070.jpg
蛭谷 筒井ろくろ


 以前の探訪で、この下界にある道の駅で地元の特産物の中に木製食器を見つけていた。そこでこの筒井ろくろの作品であることを知っていたので、今回はバイクであったにも関わらず、何か気に入ったものがないか訪れてみた(訪れた事はなかったが、この工房は何度か素通りしていて既知ではあった)。

 現れたのは北野さんという蛭谷では唯一のろくろ師、小さな工房でお話を聞くことが出来た。いろいろ見せて頂いて、ビールや冷酒を美味しく頂けそうな器を吟味して譲り頂く事となった。会話の中で面白かったのが、「君ヶ畑」の名を出すと「いや、ここは蛭谷」ってすごく拘ってみえたこと、それは後学で理解することに。。。。



a0339187_19095601.jpg
杠葉谷林道


 蛭谷からは快走路の国道421号に乗ってその先の石榑トンネルを目指すが、トンネルの手前で右に分岐する林道のゲートが開いているのを発見。地図ではここから南に向かって鈴鹿山脈の西側、道路も村落もなーんもない扇状の流域があってどんな景色か前から気になっていた杠葉谷林道。この機会を逃がしたら再訪はないと思い探検開始。

a0339187_19111313.jpg
神崎川流域案内図

a0339187_19101548.jpg
a0339187_11561309.jpg

 どうやら神崎川の渓流釣りの解禁に合わせてゲートが開いたものと推測。ということは、夏期の間は解放されているってことか。路面は行き止まりの終点まで舗装されており、クルマの進入も問題ない立派に整備されていた。分岐部からしばらくは切り立った峡谷を走るが、その先は地図で想像していた通りでこの流域を俯瞰する景観となった。


a0339187_11581970.jpg

 本流に沿って林道は延びているが、途中からいい雰囲気で分岐する林道を見つけこれも上がってみた。コンクリ路面はぐんぐん尾根を登ってゆき最後は木材搬出のモノレール場で終点だった。この地図によると「風越林道」と言うらしい、なかなか風流なネーミング。


a0339187_10090470.jpg

a0339187_19115243.jpg
筒井ろくろ トチノキ 木器

 筒井ろくろの主、北野さんとの会話で「蛭谷」を強調されていたのは、木地師の歴史にその理由があったからだ。全国に広まった木地師達は、その利権を総括する「君ヶ畑」と「蛭谷」の2つに分かれていた。自由に木を伐採して木器を作るには、どちらかに所属しなくてはならなかった。当然、その勢力を競い合うこととなり、わずか数キロしか離れていない隣村で切磋琢磨してきたのであろう。

 譲って頂いたのは貴重なトチノキの木器。きれいな木目で片方は銀をすり込んだ上に無色で塗られ、もう一方は深い漆塗り、いずれも軽く口当たりも持ち具合も気分良い。ささっとシャワーを浴びてさっぱり、この器で冷えたビールをゴクゴク美味しく頂いた。






by akane8150 | 2017-04-25 23:00 | Motorcycles | Comments(4)
Commented by Rip at 2017-04-28 10:59 x
いい道やいい景色がたくさんあるんですね。
でも怖いところがたくさんあって、私の行くお山とは数段レベルが違います。
(崖から落ちちゃう…。)
ツーリングが進むにつれて、セローの姿がだんだんと勇ましい汚れ方に。
カッコいい!

豊富な歴史の知識が混じっていたりする、楽しくすばらしいツーリングですね。
Commented by akane8150 at 2017-04-29 20:47
こんばんは Ripさん
滋賀多度の山奥は、林道の面白さはもちろん、社寺や廃村など個人的にツボにはまった場所です。最近は居ながらにしてネット検索ができて、家に帰ってからの後学がこれまた面白いです。
Ripさんのブログに登場する「道ネタ」も同類じゃないでしょうか?(^^)
Commented by セロ尾 at 2017-04-30 00:10 x
ご紹介いただきありがとうございます!
「教科書」なんて言われると照れますが・・・(笑)

しかし一日でよく回られましたね。多賀の廃村、北原竜宮、権現谷、白谷、大杉など。
いずれもお気に入りスポットです!天気がよくてうらやましいですね~
また行きたくなりました。

次回は是非萩原からの上石津林道へ行ってみて下さい。終点で引き返すと往復60キロのロングダートです。
支線が多くて迷うと一日がかりになってしまいます(笑)
Commented by akane8150 at 2017-04-30 22:47
こんばんはセロ尾さん 呼ばれて引きずり出された感ありありで(^^)、コメントありがとうございます。これまでは大杉林道が自分には一等賞でしたが、白谷林道も俄然上位に上がってきました。上石津林道は「セロ尾教科書」を熟読の上、今回のような天気の良い日にじっくりと味わってきますm(__)m それにしても、滋賀多賀のお山は楽しいです。
line

Golf Bike Cars and Beer


by akane8150
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite