小生の備忘録

akane928.exblog.jp ブログトップ

GL1200サイドカー 10 九州の旅 その1 新世界てんぐ 別府竹瓦温泉 湯布院ゆのつぼ温泉



a0339187_18384029.jpg
九州の旅 全行程
a0339187_20554180.jpg
出発


 楽しみにしていた九州ツーリング、いよいよ出発の日となった。大阪を夕方出港するフェリーに乗れば良いので、午前の外来診療はいつも通り。12時に外来終了して職員食堂でささっとお昼を食べてから、バイクの格好に着替えて病院駐車場から出発。荷物は前日までに万端準備してGLに搭載しておいたから、きっと忘れ物はないだろう。

ガソリンも満タン、午後の日差しは温かく、これからの行く先の事を思うとワクワク、GLを西に走らせる。


a0339187_20581098.jpg
a0339187_20560640.jpg
新世界 通天閣


 東名阪、西名阪、阪神高速と乗り継いで、名古屋から170km、3時間で新世界に到着。フェリーに乗る前にここで夕飯を済まそうという魂胆だ。大阪らしい混沌とした新世界の雰囲気が小生は大好きだ。ごちゃごちゃしていておもちゃ箱をひっくり返したような興味津々のお店が並んでいる。以前に比べて、成人映画館やストリップ劇場、道端にたむろしていた放浪者などのカオスなアイテムはすっかり見かけなくなったが、平日のお昼間だというのに立ち飲み屋には瓶ビールを握った「おっさん」達がうようよしている。


a0339187_20563442.jpg
a0339187_08235880.jpg
a0339187_08235017.jpg
新世界 じゃんじゃん横丁 てんぐ


 大阪と言えば、串カツ、串揚げ物。じゃんじゃん横丁には「八重勝」と「てんぐ」という名の知れた串カツ屋が2軒並んでいる。前者はいつも満席に近い状態、対して「てんぐ」はすぐに座れることが多いので、小生は毎度てんぐを利用している。八重勝も試してみたことがあるけど、お味の違いは分からなかった。まずはすぐに出てくる「どて焼き」、白味噌ベースで甘さを感じる大阪らしい味付けで、赤味噌を使う名古屋の「どて」とは随分と違う。串カツの衣は表面つるんとしていて、縁日であるような「アメリカンドック」のホットケーキ生地のように思える。名古屋の串カツはもっとごつごつして一般的なフライ衣に近い。大阪らしさを味覚で体験して満足、満足。だけど。。。喉から手が出るくらい「生ビール」をぐびっとやりたかったが、、、


a0339187_20582939.jpg
かすうどん


 以前から気になっていた「かすうどん」、〆の腹ごしらえに立ち食いで試してみた。「かす」というと「天かす」を連想するが、牛のホルモンを細かく刻み、油でじっくりと揚げたもの。初めて食してみたが、カリカリの表面にかみ応えのあるお肉が美味しい。うどんのトッピングとしては、お値打ちで風味ある具材だと思った。


a0339187_20590897.jpg
大阪南港コスモフェリーターミナル サンフラワー(大阪〜別府航路)


 新世界でゆっくりしすぎて予定よりも時間が押していた。フェリー乗り場の大阪南港まで12kmの表示、19時出航の1時間前には受付を済ますように書いてあるが、どう飛ばしても30分前に着くのが精一杯。
こりゃ慌てないと間に合わない雰囲気となってきた。さらに燃料警告灯が点きそうな心配事があったけど、スタンドに寄るような時間の余裕も持ち合わせていない。可及的にGLにむち打って飛ばす、飛ばす。

 幸いにも道に迷うことなくターミナルビルに滑り込みセーフ、着いたのは出航40分前であった。やれやれ間に合った、遅れてもフェリーは待ってくれないからなあ。1時間前には受けするのは、乗り遅れないようにするための施策だろうが、旅行中の1時間は大っきくて貴重だ、もっと短くならないのだろうか



a0339187_21030928.jpg
さんふらわー あいぼり
a0339187_21021757.jpg
a0339187_11464977.jpg
スタンダード客室
a0339187_11554664.jpg
展望風呂
a0339187_20595642.jpg
大阪南港


 アイボリは9000tクラスの中型サイズで、時速40kmのスピードで巡航する高速フェリーだ。大阪南港を19時に出航し12時間後の朝6時に別府港に到着する。プライベートを確保したかったから、客席はベッドに洗面、テーブル、テレビと十分な機能を持ったシングル洋室のスタンダードにした。乗船したらまずはダッシュで展望風呂へ、そうしないと700人乗りの船にカランが10台も設置されていないので、混雑時には風呂にも入れない。

風呂上がりの仕上げに、新世界で買っておいた「たこやき」を当てにしたビールの旨いことこの上なし。


a0339187_21044639.jpg
a0339187_21080824.jpg
別府 竹瓦温泉


 旅行2日目のはじまり。朝5時からのフェリーの朝風呂に浸かって目を覚ます。定刻通りの7時に別府港に到着、別府に来たらぜひ寄りたい「竹瓦温泉」に向かった。ここの始まりは明治12年、竹瓦葺きの温泉が建てらて、後に瓦葺きに改修されたため、当時の姿を偲んで「竹瓦温泉」と呼ばれるようになった。現在の建物は昭和13年に造られたもので、唐破風造りの屋根と昭和初期の面影をのこす、別府温泉のシンボルとも言われる。

 湯船はシンプルなもので、草津や城崎温泉などの共同浴場と同様な湯船ひとつ、洗面無し。熱いお湯にそーっと浸かると、あごも浸かるくらい湯船は深くゆったりしている。目を閉じて湯に浸かっていると、体も心もホカホカしてくる、温泉は良い!!


a0339187_21035713.jpg
竹瓦温泉ブログから



 さて出発と思ったら番台にいたお姉さんがカメラを持ってやってきた。施設のブログにアップしたいとのことで、小生の写真を撮ってくれた。なかなか行動力のあるお姉さんで頼もしい。後日ブログを覗いてみると、しっかり小生が映っていた。
 80年以上前のふるーい木造建築、竹瓦温泉の維持は大変だろうけど、ぜひ末永くこの歴史遺産を守って欲しいと書き込みした。



a0339187_21052390.jpg
a0339187_21053811.jpg
湯布院 ゆのつぼ温泉

 朝の通勤ラッシュにもまれながら別府を脱出、大分自動車道にのっかって湯布院を目指す。天気が良ければ左手に伽藍岳や鶴見岳のすばらしく雄大な景色が楽しめるのに、この日はあいにくの濃霧。スピード制限まで出ている状態では、まったく景色などあり得ない、、、このあたりに見えるんだろうと想像しておしまい。

 やがて霧の湯布院、ほぼ中心地にあるお目当ての「ゆのつぼ温泉」に到着。ここは無人の共同浴場、入り口の料金箱に200円入れてから脱衣場にすすむと・・・「まだ掃除中ですよ〜」と湯船から声が。「どこから来たね?」の問いに「名古屋からここを楽しみに来ました」なんて「よいしょ」したら、「今すぐに済ますから、1,2分待ちなさい」って融通を利かせてもらえた。
 おかげで文字通りの「一番風呂」にありつくことができた。湯布院のお湯は少しブルーがかってるような気がする。だれもやってこない朝風呂をしっかり長居して堪能した。
 
 汗がなかなか引かない脱衣場で、営業時間の案内を見たら午前10時からと書いてある。時計を見るとまだ9時前だ。掃除のおじさんのご厚意で時間外に入浴させてもらったことになる、「オヤジさんありがとう」

その2に続く




by akane8150 | 2018-04-09 20:53 | Motorcycles | Comments(4)
Commented by オネ at 2018-04-10 19:45 x
九州行かれたんですね!
私も一度行ってみたいのですが、計画する度何かしら起きて未だに行けてません(^^;
続編楽しみにしてます。
Commented by akane8150 at 2018-04-11 12:23
>ネオさん
昨年の秋に東北、そしてこの春に九州、ロングツーリングをするときは毎度GLサイドカーの出番となりました。 すり抜けができない、気楽に駐車できないなどのデメリットはありますが、それ以外のメリットが大きいのでサイドカーはツーリングに向いていると思ってます。
Commented by yukifukaa at 2018-04-11 14:39
福岡生まれの僕は、九州をバイクで旅するの憧れています。10代の時にSRで福岡、大分をツーリングしたっきり、バイクで九州を走っていません。うらやましいです。
Commented by akane8150 at 2018-04-11 20:40
>yukifukaaさん
毎度です(^^)。九州は大好きなところで、これまでにも4,5回バイク1周の旅を経験しています。名古屋をお昼に出れば、翌朝には福岡や大分、鹿児島に朝一番に着くので、最短2泊で九州を縦断して名古屋に帰る事も可能です。
line

Golf Bike Cars and Beer


by akane8150
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite