小生の備忘録

akane928.exblog.jp ブログトップ

CoCo壱番屋 栄広小路の花壇 



a0339187_10200443.jpg
さくら工房さんより

 自宅から職場まで、毎日の通勤路、名古屋栄の繁華街メインストリートともいえる「広小路」を走っていると、毎朝中央分離帯の植え込みの管理している人たちを見かける。午前7時前の早い時間から植え込みの手入れをしているのにビックリするともに、車道に出て作業する姿に「クルマに撥ねられはしないか」心配したものだ。花壇の整備だけでなく、歩道や路肩のゴミ拾いにもくもくと取り組んでいる。後述する「初老の男性」も毎度見かける人物だった。

a0339187_15550543.jpg
 東新町から100m道路の久屋大通の栄までの約400m、中央分離帯の花壇が黄色の花で飾られるようになったのはいつからだろうか?もう、5,6年になるのかもしれない。市内でもこれほどに車道の花壇が管理されているところは無くって、たいていの分離帯は手入れのされていないつつじだったり、雑草がぼうぼうだったりが多い。

a0339187_10291409.jpg
a0339187_10293157.jpg
a0339187_10294728.jpg

 ちょっと前までは水仙も植えられていたが,今はビオラで統一されている。昨年の夏から秋は、ハイビスカスが植えられていてなかなか豪華であった。それにしても、いつも黄色の花たちばかり。しかも前述のように早朝からせっせと花の管理をしていて、市の職員には思えないし、、、。

こんな疑問を持っていた小生であったが、地方紙に取り上げられているのをたまたま読んで事の次第が分かった。

「私は毎日3時55分に起きています。「さあゴー、ゴー」です。おそらく早起きでは日本一でしょう。もっと早くに起きているという人があれば、私は負けるのが嫌ですから3時45分にします。努力すれば日本一になれる。日本一は気持ちいいものです。オンリーワンではなくナンバーワンです。毎日90分、町の掃除を続けているのも日本一でしょう。名古屋のメインストリートである広小路通の413mのグリーンベルトと南側の歩道の掃除をし、樹木の下の小さな花壇の手入れをしています。6時半から8時まで毎日やります。いろいろな人が入れ替わり立ち替わり手伝ってくださいます。昨年、1人だけ365日続けた方がいました。今年の12月で2000回を迎えます。なんでもいいからコツコツとやり続ける。経営でも大事なことは地道に積み上げることです。」 宗次徳二 カレーハウスCoCo壱番屋 創業者

まさにこの人物が早朝に掃除や花壇の世話をしている「初老の男性」であったのだ。


a0339187_10314794.jpg
喫茶 バッカス

夫婦で始めた喫茶店がココイチの始まり。奥さん手料理のカレーライスが好評で、カレーライス専門店フランチャイズのきっかけとなる。お客さんを大事にすることを心がけていたという。

a0339187_10315472.jpg
カレーハウスCoCo壱番屋 一号店旧店舗  名古屋 西枇杷島

a0339187_10321460.jpg
a0339187_10322673.jpg
壱号店 西枇杷島店

俄然、興味が湧いた小生はココイチの始まりとなった一号店を訪れてみた。旧店舗は周囲の店舗と合わせて綺麗に整理され、広い駐車場を備えた真新しい西枇杷島店として店を構えていた。壁には「1号店」と銘打ったパネルが貼られていて誇らしげだ。

a0339187_10330093.jpg
a0339187_10331013.jpg
a0339187_10335233.jpg
壱番屋記念館

興味が湧いたのは隣接する「壱番屋記念館」だった。店舗の2階がホールになっていてココイチの歴史やこれまでの商品展開、グッズなどが展示されているらしい。しかし案内には「予約制、午後2時から4時半まで」とあり、生憎見学することは敵わなかった。予約制ってのが妙に敷居が高いが、いずれ人数を揃えて見に行ってみたい。

1978年に創業したココイチは2004年には国内1000店舗を数えるまでに成長し、2013年には世界で最も大きなカレーライスチェーン店としてギネス認定までされている。その中で、創業者の宗次氏は2015年に持ち株を含めココイチをハウス食品に220億円ともいわれる価格で売却した。

「私は壱番屋の経営に一切の未練や後悔はありません。株もハウス食品グループ本社に売ってしまいました。創業者なのに、なぜこれほど会社への執着がないのかといえば、現役時代にやり切ったからです。」宗次氏談


a0339187_10352309.jpg
a0339187_10341067.jpg
宗次ホール

 中区の繁華街にある宗次ホール。2007年、私財27億円を投じてクラシック音楽専門のコンサートホール「宗次ホール」を建設した。ヴァイオリニストの五嶋龍や葉加瀬太郎にストラディバリウスを、宮本笑里にはドメニコ・モンタニャーナを貸与し、ヴァイオリニストのパトロンでもある。株式売却で手にした資産を基金として財団を作った。小生はクラシックには造詣がないので、このホールを訪れた事はないが、客席300を越えた本格的なモノであるらしい。

 さらに氏はNPO法人イエロー・エンジェルを設立し、「夢と目標を持って一つの事に打ち込んでいるいろいろな方々への支援。特に経営塾による創業支援、芸術家やスポーツ選手及び福祉、早起き、掃除の実践運動、福祉慈善活動の啓蒙等々。」と目標を掲げている。初めに取り上げた広小路の清掃や花壇の管理は、このNPOの活動であった。

a0339187_10341735.jpg
 1号店に入って遅めの昼食を取る。ビーフカレーにカツをトッピング、辛さは一辛、いつものオーダーだ。壱号店だからといって、接客は他店と変わりなかったしスペシャルな店員さんがいたわけでもなし。。。お味もこれまたいつも通りの美味しいものだった。でも、これがココイチの強みというか、教育された接客ということだろう。

 創業から一貫してカレーライス販売に取り組み、見事に成果をのこした創業者の生き様は感銘を受ける。生業を積んでいる小生も見習うべき部分が大ありだ。早起きは三文の徳と昔からいわれるが、確かに早起きした分だけ「何か」をすることが出来る。

かといって、小生がほうきとちりとりをもって、職場の回りを毎日掃除をして廻るってことは、かなりの難題だ。やれたとしても三日坊主は目に見えている。それよりも夜勤の病棟看護師たちにすれば、早く病棟にきて患者さんの報告を聞いてください!!っていうのが現実だろう。。。






by akane8150 | 2018-05-17 22:32 | Life | Comments(4)
Commented by 山神 at 2018-05-19 11:34 x
毎度ですと言うかお久しぶりです
このココイチ一号店、わたくしも国道22号で看板を見ていつか行ってみようと思ってたところ
別段普通の店と変わりなくて残念ですw
何か特別な店仕様ではないようで・・・
いつかパクらせてもらうかもw
Commented by akane8150 at 2018-05-19 23:27
こんばんは 山神さん
ロムばかりですが、いつもながら面白可笑しく拝見させて頂いております。3,4年前であったら、創業当時の1号店を見ることが出来たようで、見ておくべきでした(^^)。
ココイチのネタが山神風アレンジにかかるとどんな記事になるのか! 小生の無味乾燥な文章より絶対に面白そうです。
Commented by オネ at 2018-05-20 20:28 x
この活動何度か見たことはあったのですが、CoCo壱の創業者の方だったんですね!
てっきり市の委託の方々だと思ってました。
Commented by akane8150 at 2018-05-21 07:13
ネオさん 清掃、花壇管理を見かけた人でココイチの会長さんだったことを知る人は少ないでしょうねえ。1枚目の写真でクリームイエローのジャンパー着てる人がその人です。
なんでまたこの区域だけ?って思いましたが、栄の交差点から宗次ホールまでの花壇を管理してることで納得できました。あの道は県道なので、県から了解を得ているんでしょうね。
line

Golf Bike Cars and Beer


by akane8150
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite