小生の備忘録

akane928.exblog.jp ブログトップ

GL1200サイドカー 11 能登一周 1 庄川湯谷温泉 千里浜なぎさドライブウエイ 


a0339187_20481814.jpg

 小生は、なかなか連休が作れなくって泊まりのツーリングは敷居が高い。しかしこの9月には土曜を休めば4日間の休みがとれる。ずいぶん前の梅雨の頃から企んでいて、やっと実現した。
 さて、どこに行こう。つらつらと思いを巡らし、たどり着いたのは「能登半島」だった。彼の地は30年ほど前にかみさんとバイク2台で巡ったなり。日帰りでは堪能できない遠い能登だから、いい思いつきと決定。3泊4日あれば、見たいところにも行けるでしょう。

a0339187_23434689.jpg

 ロングツーリングとなれば、気になるのが天気予報。この時期は秋雨前線が日本列島に鎮座する時期だから、雨に降られるのは致し方ないが、出発の朝からレインウエアと長靴、ゴム手袋姿はいただけない。めずらしくかみさんが出発を見送ってくれて、雨で気分がた落ちの記念写真。ちょうど1年前に東北1周をしていたが、やはり雨には祟られた。日帰りツーリングだったら、雨ならいさぎよく中止。しかし、休みを取ってまでのロングツーリングだから、天気予報にかまってはいられない。

a0339187_20485161.jpg
a0339187_23443894.jpg

 今日は輪島に近い門前にあるホテルまでの予定。朝7時に自宅を出発。高速を乗り継いで東海北陸自動車道をひた走る。キャブ車のため、ひるがの高原あたりの高所では混合比が合わなくって、アクセルにスピードがついてこなくなる。GLには巡航用の5速があるのだが、登りでは4速に落とさなくては辛い。これは同じくRZにもあてはまり、車の流れについて行くのに一杯一杯だ。

a0339187_23453608.jpg
a0339187_20513242.jpg
五箇山 岩瀬家


 東海北陸自動車道を白川郷ICでおりて下道を走り始める。寄り道として五箇山に立ち寄ってみた。このおっきな合掌作りはこの地域最大でなんと5階建て、300年ほど前からここにどっしりと建っている。江戸時代は鉄砲の火薬などを加賀藩に上納する役に関わっていたようで、南の天領である白川郷に負けじと加賀藩の威光を示したものともいわれるそうだ。家族36人が住んでいたそうだが、それも頷けるほど立派な建物だ。

a0339187_23450461.jpg
五箇山 菅沼地区


 この五箇山の2つの集落、そして岐阜の白川郷の集落、この3つがまとめて世界遺産に指定されている。R156沿いにある菅沼地区には9棟の合掌作りの家屋が残っているそうで、靜かでのどかな谷間にぽつりぽつりと点在している。観光客が溢れ商業のにおいがプンプンする岐阜の白川郷に比べれば、管沼地区は寂れた印象をもつがこれはこれで良いと思う。ただ、人が住んでいる気配もないので、厳しい自然環境の中で建物を生きた姿で継続していくのは大変だろう。

a0339187_23460886.jpg

 R156を庄川沿いに北上する。小牧ダム湖周囲は断崖の山の斜面を覆道(シェッド)が延々と続いている。糸魚川から南下する北国街道を思い浮かべながら、日本海に注ぐ大きな川はこのような渓谷を作り出して道路は覆道ばかりのような気がした。
 やっと広いところに出てくるとそこは小牧ダム。船でしか行けない秘境の大牧温泉はここから出発。一度行ってみたいお宿だけど、もう随分先まで予約が一杯とのこと。

a0339187_23462861.jpg
a0339187_23472107.jpg
砺波市庄川 湯谷温泉

 小牧ダムの下にぽつんとある1軒宿の湯谷温泉。かねてから来てみたかった温泉で、やっと念願かなうことに。さびた雰囲気が小生の温泉心をくすぐる建物は大正時代から。もう宿泊はやめてしまったのだろう、昔ながらの湯治湯そのままの旅館が残っている。

a0339187_23482636.jpg
a0339187_23491131.jpg
 宿の玄関をがらりと開けると目の前には書き置きが。ひとり500円、無人野菜販売みたいで面白い。1000円札を出した人はおつりも持って行けとまで案内があった。入浴1回と書きそうな所を、「一浴」と記してあるのがしゃれている。

a0339187_23494140.jpg

 電気もついていない旅館部の廊下を抜けると屋外の廊下となる。その先に水辺ぎりぎりの高さにコンクリートの浴室があった。ダムの放水が多いと浴槽が浸かって使用できなくなるとのこと。小牧ダムは雨上がりもあってがっつり放水していた。

a0339187_23501108.jpg
a0339187_23504729.jpg

 脱衣場もカーテンだけのシンプルなもの。扉を開けて浴室にはいるとすぐに階段があってその先はブルーが鮮やかなお湯が蕩々とながれている浴槽だ。ひとりふたりが体を洗うくらいのスペースがあるけど、そこまで満々のお湯が押し寄せて、床面すべてが浴槽のようだ。
 お湯の温度は小生にはちょいぬるめ、わずかに硫黄の香りがしている。消防隊の消火ホースくらいの太さの湯口からは太い柱となった源泉が吹き出して、これはくみ上げでもない正真正銘の自噴泉と聞いて感動だ。
 温泉通には全国的にも有名なこのお湯に入れて満足、非常に気に入ってこれからもチャンスがあったら立ち寄りたい温泉。


a0339187_20492284.jpg
 湯谷温泉を出て北に走れば、富山の平野にでてくる。砺波ICから金沢森本ICまで高速、その後はR8と「のと里山道路」で海沿いを北上する。

a0339187_23515345.jpg
a0339187_20534467.jpg
a0339187_23522184.jpg
千里浜なぎさドライブウエイ




 のと里山道路 今浜ICを下りれば全国的にも有名な千里浜なぎさドライブウエイが始まる。約8kmにわたってしっかり締まった砂浜の海岸線を走るのは滅多に出来無い体験だ。日本では唯一、世界的にも道路として解放されているところは希のようだ。
 波打ち際に車を停めて、投げ釣りをしている人たちもいた。見てたら15cmほどのいいキスが連なって上がってきて、これは足場も良いし近くにはトイレもあるし、家族で釣りにくるのもいいだろう。

a0339187_23530410.jpg
a0339187_23533065.jpg
宇宙科学博物館 コスモアイル羽咋

 「UFOで町おこし」という滑稽な?目的で羽咋市がつくった博物館。UFOの展示もあるけど、小生が引かれるのはNASAから提供された実物の宇宙船がいくつか展示してるコーナーだ。

a0339187_23535003.jpg
a0339187_23540616.jpg
マーキュリー宇宙船

 アメリカ最初の有人宇宙船。レプリカを見るのは初めてで、レベルのプラモデルキットを製作途中なので資料に細部を写真に残した。金属製のスイッチがこれでもかというくらい並んでいて、パイロットは操縦するのは大変だったろう。当時のデラックスなアメ車を思い起こすようで面白い。

a0339187_23543433.jpg
ヴォストーク帰還用宇宙カプセル

 これまたはじめた見たロシアのヴォストーク、パイロットが乗る部分は球体をしていてここだけが、ロケットと分離して地上に降りてくる。実際に大気圏突入をした機材なので、表面は赤茶色に焼けただれていた。船内はクッションで被われており、基板むき出しのマーキュリーとは対照的だ。スイッチは数が少なくジョイスティックレバーも1本だけ。この2つの宇宙船は同時期のものだが、ヴォストークの方が洗練されているように思える。

a0339187_23551034.jpg
アポロ司令船

 この司令船はレプリカのようだが、部分的にはホンモノのパーツが使われているようだ。とりわけ、このハッチのごちゃごちゃした作りには感心させられる。ほとんどのパーツはワンメイクだろうから、さぞかし高価なものになっていただろう。

a0339187_23555194.jpg
世界一長いベンチ

 夕日がキレイで「桜貝」が見つかる増穂浦海岸の全長460メートルのベンチ。どうやらギネス狙いで作られたモノのようで、行って初めて分かる「がっかり系」としては面白い。

a0339187_23580034.jpg
a0339187_23564943.jpg

 国道から離れて海沿いのr49をゆっくりと走る。このあたりは集落も途絶えて静かな景色が広がる。道は細く延びて、海を見れば遠くにフェリーが航行する姿も。

a0339187_23571469.jpg
ヤセの断崖


 松本清張の「ゼロの焦点」で登場する断崖絶壁がヤセの断崖。海面から50m以上の断崖で上から覗くと「怖くて身がやせる思い」がすることから、このような名前になったとか。2007年の地震で先端部分が崩落してその迫力がそがれてしまったよう。その昔は歩道の柵もアバウトで乗り越えることも容易、その分自殺者が耐えなかったとか。
 小生は高所は大嫌いなので、端っこから海を見ようなんて思いはまったく起きなかった。

a0339187_23573080.jpg
義経の舟隠し


 やせの断崖から歩いてほど無いところには、深くて長い入り江が出来ている。兄・源瀬朝の厳しい追手から逃れる義経と弁慶らが、奥州へ下る途中、荒波を避けるため48隻の舟を隠したと伝えられている入り江の岩場。48隻なんてリアルっぽいお話だ。それにしても、日本のいたるところに義経の伝承が残っている。語り物としてよほど義経は人気があったに違いない。

a0339187_23582575.jpg
a0339187_00002489.jpg
a0339187_23593165.jpg
a0339187_23595095.jpg
門前町黒島


 輪島市門前町黒島は北前船の船主や船頭が暮らした町として江戸時代には幕府直轄の天領となっていた。現在は国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。能登を走ればよく分かるのだが、古い町並みはとにかく黒い瓦屋根に板壁の黒い家屋ばかりだ。とりわけこの地区は保存されているだけあって、能登の集落の典型を見る思いだ。朱や群青などの色彩のないモノクロームな町並み、どんよりした天候のもとでは益々日本海の世界を強く印象づけさせる。
a0339187_00004695.jpg
a0339187_00015309.jpg
a0339187_00020209.jpg
a0339187_00031920.jpg
輪島市門前町


 自宅を出て10時間、350km先の宿泊地である輪島市門前に到着。このあたりでは数少ない温泉の宿でまずは荷を下ろしてゆっくりとお風呂につかる。風呂上がりは早速の夕飯でひとり生ビールと地元の食材を美味しく頂く。特に赤むつの焼き魚が絶品、しっとりとよくあぶらののった身が地酒の熱燗にぴったしだった。
 明日は能登のさきっちょをくるっと回って輪島に入る予定。天気予報は朝から雨、露天のGLばあさんにはカバーを掛けておいた。
能登一周 2 に続く


by akane8150 | 2018-09-20 23:00 | Motorcycles | Comments(8)
Commented by yukifukaa at 2018-09-21 07:39
いいですね~。能登半島は高校の卒業祝いに同級生数人と行ったっきりです。仕事で金沢には何回か行っているものの、そこから先には中々行く機会がありません。
 五箇山の建物5階建てとはびっくりです。
大牧温泉、僕も昔から行ってみたいと思っていますが、これも実現していません。
Commented by Rip at 2018-09-21 11:15 x
能登半島の西側の海岸は裏側ってイメージだけど、いいところですね。
地図で見ると、海岸線に道路のないところもあるようですね。

こういうところに泊まるって、素敵な感じです。
Commented by akane8150 at 2018-09-21 16:38
>yukifukaaさん こんちは
能登半島をぐるっと見て回ろうとすると、そこの部分だけでも1泊2日はかかると思います。まして、関東や関西からは能登半島に取り付くまでが遠いので、ちょいと行くような所ではないですね。
大牧温泉はいつかは行かなきゃと思ってますが、海外も含め人気が先行してしまった感があって、いかがなもんでしょ。
Commented by akane8150 at 2018-09-21 16:50
>Ripさん こんちは
能登半島の西側、北の方には海岸線に道がありません、というか、集落がないんです。2日目にそのあたりを巡っていますが、「さいはて感」が漂って寂しいところでした。
キャンプができない性分なんで、まずは宿探しです。週末になると一人宿泊をさせてくれないところが多いのが辛いです。
門前のホテルは景観も温泉もお料理もまずまずでしたが、施設が老朽化して気の毒なものでした。後日の情報では、市の職員が管理していると聞きました。建物の意匠や企画はデザイナーテイストでおしゃれなホテルなので、ぜひリニューアルされることを期待しました。
Commented by オネ at 2018-09-22 20:18 x
能登半島ぐるり良いですね。
最近は金沢や山代辺りまでなんで、私もいつか走ってみたいです。
Commented by akane8150 at 2018-09-24 08:00
>ネオさん おはようです
今回もGLばあさんの出番でした。このところのロングツーリングはすべてサイドカーです。地方の空いた道を走る事が多いので、すり抜けが出来なくとも大差ないし、なにより荷物を気にせずに積めることです。
注意している点は、駐車位置です。バックギアがないから頭から下りに止めたら最後、一人では動かせません。
Commented by セロ尾 at 2018-09-24 22:30 x
能登半島はいいですね~
ワタシもセローで何度か行っておりますが、連休が取れたらまたキャンツーに行きたいと思っております。
湯谷温泉はブログ友達の山神さんが絶賛されてて行きたいと思ってました。
小牧ダムの放流も大迫力ですね。
うーん行きたい!
Commented by akane8150 at 2018-09-24 23:30
>セロ尾さん こんばんは
おひさです お元気でいられるでしょうか? このところ貴殿のブログがとまっていたのでプチ心配しておりました。
今年のSSRTでのセロ尾さんの記事も今回の行程の参考にさせて頂きました。ありがとうございます。
そ〜ですか、すでに山神さんはアップしていたんですね(^^ゞ。さすが山神さん! ぜひ、セロ尾さんもお湯に浸かってください。
line

Golf Bike Cars and Beer


by akane8150
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite