人気ブログランキング |

コペン L880K 1 初運転


a0339187_23142085.jpg
a0339187_19333736.jpg
a0339187_19342645.jpg
コペン MT セカンドアニバーサリーエディション 2004

 降って湧いたようなお話で、小生の元に軽自動車がやってきた。シビックRS、86トレノをいずれもマニュアルで使いこなしてきた小生の妹。その息子、いわゆる小生の甥に当たる彼のコペンを譲り受けることなったのだ。母親の血を引く彼も相当にクルマが好きで、現在の愛車はスカイラインGT-R BNR34型で給料のほとんどを費やしているらしい。
 そもそも、次女が免許を取るに当たって、小生はマニュアル免許を強く勧めてしまった。その娘も晴れて免許が届き、処分するはずであったマニュアルミッションのコペンとマッチング? 車検がたっぷり残っていることもかみさんの許しを得る理由にもなった。


a0339187_23140358.jpg
 免許はとったものの、次女も大学が忙しくなかなかハンドルを握る機会がなかった。ATのSAIで家の周りを試したくらいだから、公道ではまったくの初心者、その彼女にコペンのマニュアル車を乗らせようなんて「親父のひとりよがり」。だから、小生としては責任を全うすべく、腕慣らしと公道での運転指導をかねて、娘を引きずり出してドライブとあいなった。

a0339187_19503056.jpg
中央道 内津PA

 クラッチがしっかり踏めるようにシートを合わせ、サイドミラーも調整していざ出発。目的地は50km先の岐阜県土岐市にある立ち寄り温泉のバーデンパークSOGI。往路は高速道路の方が走りやすいだろうと、中央道に上がった。自動車学校で1回だけ走ったという高速道路、まずは無難に走ってくれる。助手席の小生は「あまり口出ししない」ように最低限の助言に心がける。スピードには余分な恐怖がないようで、回りのクルマの流れに合わせてアクセルを踏んでくれるのは頼もしい。これは小生の運転に慣れているたまものか。
 内津峠のPAでトイレ休憩でクルマを止めるが、がらがらの場所を選んでも出来上がりは上記の写真のごとく。初めて自家用車を運転した次女からすれば、致し方ないか。

a0339187_19395918.jpg
a0339187_19504350.jpg
足助 香嵐渓

 のんびり曽木温泉に浸かった後は、静かな人気のない足助の香嵐渓に立ち寄った。この日はコペンだけじゃなくって、かみさんとばあさんのSAIも後続車両として付いてきていた。足助は宿場町で町並みも整備され、ばあさんを連れての散策にもいいところ。紅葉の頃には恐ろしい混雑で来ることは出来ない香嵐渓もみてきた。
 残るは自宅までの40km。旧車族の皆さんに囲まれて、猿投グリーンロードを左車線キープで走る。周囲のスピードにつられて次女もついついアクセルを開けてしまう。間髪入れず、助手席から指導を入れる。名古屋ICからの下道はクルマも多い3車線で、ランプを出た先は左側車線でいずれは右折をするために一番右の車線まで行かなくてはならない。これは初心者には辛いところ、なかなか右の車線に出ることができないでいたが、かみさんのSAIが先回りして車線を確保、なんとか右車線まで出ることが出来た。

 キーを抜いてからの次女の感想が気になったが、「楽しかった」と紅潮した顔で笑っていた。何事も最初が大事、クルマの運転が嫌いになってしまっては可愛そうだったので、よかった、よかった。

a0339187_19344121.jpg
a0339187_19351624.jpg
アクティブトップ

 コペンのルーフは軽自動車とは思えないほど手が込んでいる。もっとシンプルな幌にしなかったのは、耐候性や快適性をとって購買層を広げるためだったのか。オープンにすると残されたトランクスペースは壊滅的な状態で手提げのバックも入らない。ただし、オープンでの風の巻き込みは、フェアレディZほどではないにしても十分に工夫されている。
 甥っ子はコペンにいっぱい手を入れてあり、図太い音のマフラーを手始めに、車高調のサスペンションやウェイストゲートバルブまで弄られている。特に沈み込まないサスはお腹が減ってしまうくらい揺さぶられ、経年変化のルーフ回りからは賑やかなガタピシ音が降り注いでくる。

 小生も山道でハンドルを握って見たが、下りのクネクネ道などをマニュアルミッションを駆使して飛ばすと、とても面白いクルマだ。だけど乗ってもらうのは初心者の女の子、さすがにこのサスペンションはないだろうと「ノーマルサス」をオークションで探すこととなった。

a0339187_19525814.jpg
 低走行の中古純正パーツが出てきたので、この先交換することにした。今日は運転する緊張感で「乗り心地が悪い」とは一言も言わなかった次女ではあるが、きっと気に入ってくれるだろう。

 なにはともあれ、コペンにこれ以上の手間暇かけるのは戒めなきゃ。これは次女用に譲り受けたのであって、「小生のおもちゃ」に来たわけではないことを。






Commented by yukifukaa at 2018-12-17 07:43
いじったコペンを運転する若い女の子ってかっこいいですね~。

楽しそうな遊びクルマなのでakane928さんが、ついつい乗ってしまいそうなのが目に浮かびます
Commented by akane8150 at 2018-12-17 20:18
そ〜なんですよ 娘のために増車したのだから、小生が楽しんでいてはいかんですね(^^ゞ
初心者マーク貼り付けて、女の子が「プシュー」ってゲートバルブの音を出して走り抜けるのは愉快です!
Commented by セロ尾 at 2018-12-17 23:00 x
旧コペンは「所有」は無理ですが、一度試乗してみたいと思ってたクルマです。
家にあるということはいつでも乗れるんですよねw
羨ましいです~(笑)
Commented by akane8150 at 2018-12-18 07:12
セロ尾さん おはようございます コペンも660cc、軽トラ軍団に参入できますかね(^^) 
サイズが小さいから多賀の山奥もすいすい走れそうです しかし地上高が低いから「大杉林道」などには入っちゃいけないでしょう 運転すると「カート」みたいで、面白いです
by akane8150 | 2018-12-16 21:57 | Cars | Comments(4)