人気ブログランキング |

RZ250改 11 遠州 森の石松



a0339187_08321501.jpg
1981 RZ250改

 2月の最終日曜、二十四節気では「雨水」の頃。これからは雪から雨に変わるとされ、天気予報も最高気温12度と春の兆し。天気に誘われて、バイクで出かける気分になった。さてどこへ行こう、とりあえず静岡方面の気温が高いからそっちだ。
 引きずり出されたRZはお久しの3ヶ月ぶり。キックをすれば濃いめの煙を吐き出してエンジンがかかる。バラバラとアイドリングの音はうるさいから、ご近所に気を遣ってそそくさと出発、時間は午前9時半。

a0339187_11354739.jpg
 タイヤを替えたばかりだから、気分良く走り出す。RZの機嫌は良好でいいかんじ。名古屋高速の一部通行止めのため、南にぐるっと下って伊勢湾岸道路を使って新東名に方面を走らせる

 暖かいと予報を信じて走り出したが、あまりにも寒すぎる。島田金谷ICあたりまで新東名を走らせる予定は断念して、さっさと浜北ICで下道に下りる。R362は既知の慣れた路だから、これを避けて未知の県道をつないでお山に向かうことにした。さて山に入り込む前にガソリンを補充しようと県道を走ってみるのだが、そもそも少ない上に、今日は日曜日で営業しているスタンドに全然出会わない。主要道路だから走っていれば見つかるだろうと高をくくっていたら、ついに見つけて給油が出来るまでに20kmほども回り道をしてしまった。

a0339187_08330628.jpg
太田川 森町を望む

 お山に向かうはずが、袋井の郊外を走っていることに気づき、ますます気分は萎えてきた。井川ダムは断念して遠州の山奥をさくっと走って帰ることにした。遠州森町から県道を川沿いに北に向かう。

a0339187_08333691.jpg
a0339187_08335235.jpg
a0339187_08341809.jpg
大洞院 森の石松の墓

 遠州平野のつきあたり、山に接した森町を走っていると気になる看板、「森の石松の墓」の案内板を発見。どうやら大洞院というお寺さんにあるようだ、数キロの寄り道をしてみる。
 「あんた江戸っ子だってね、食いねぇ、寿司を食いねぇ」など講談で知られた森の石松。清水の次郎長の舎弟として実在したような、していないような?怪しい存在のようだが、博打がらみもあって現在も森の石松のお墓を詣でる人が後を絶たず。ついには、墓石を削って持ち去ることも横行するようになる。盗まれたり、削られたりして今のは3代目か4代目の墓標らしい。

a0339187_08344989.jpg

 再び静岡県道63号をどんどんと上流へ上がってゆく。道幅は狭く、深い谷の斜面をつないだ厳しい路。時折現れる集落は、決まって管理されたお茶畑が広がっている。

a0339187_08353565.jpg
川根町 市尾

 静岡県道63号をは道幅は狭く、深い谷の斜面をつないだ厳しい路。時折現れる集落は、キレイなお茶畑が広がっている。トンネルも無い昔ながらの小径はこのあたりの深くて細かい山の凹凸を丁寧にトレースしてくねくね続く。島田や袋井などの街から20~30kmほどしか離れていないけれど、森町の山奥は過疎感、山奥感がとても強い。

a0339187_08360889.jpg
大井川 下泉橋

 何度か休憩しつつ、大井川に出てきてこれを北上する。時間はすでに13時近い、これ以上奥にすすめば帰りが暗くなる。R473沿いのおそば屋さん「四季の里」を思い出し、そこで折り返すことにした。バイクを停めてお店に入ると「本日のおそばは売り切れ」って表札が・・・。あ〜、今日はついていない日であることをよくよく確認。さらに気分は盛り下がり、帰宅の途につく。

a0339187_08363756.jpg
川根本町 下長尾

 風は相変わらず強く吹いているけど、真っ青な晴天はとってもきれいだ。R362は高度を上げて大井川からはどんどん離れてゆく。このあたりも茶畑だらけ、山の斜面にばらまいたようにキレイな区画が広がっている。どの住居もカーテンが掛かっていて、人気を感じさせずにひっそりとしている。人の営みを伝えてくれるのは時折見かける軽トラくらいなモノだ。

a0339187_08374018.jpg
久保尾辻 峠

 かなりのくねくねを登りきると峠にさしかかる。峠で交差する道があるので、「辻」と呼ばれているのだろうか、「久保尾辻」とは変わった峠の名前。この峠を西に下りてゆけば、やがて路は広くなってセンターラインも現れる。どんどん下ってゆけば、フェアレディZの集まりで訪れる春野の地だ。


a0339187_08375492.jpg
東郷PA

 2月の夕方は、日が暮れるのはまだまだ早い。362号で湖北を下道で走り、三ヶ日からは東名高速に乗っかって。どうにか日没前に自宅に帰還。ガソリンスタンド探しや昼食のくいっぱぐれ、思いの外の極寒、強風などで、今日のツーリングは冴えなかった。晩酌の当ても買いそびれ、こんな日はさっさと切り上げて寝るに限る。





Commented by yukifukaa at 2019-02-21 08:16
やはり、RZのデザインは最高ですね。晴れた冬の陽に照らされている画像を眺めていると、また欲しくなります。
Commented by akane8150 at 2019-02-21 21:11
こんばんは yukifukaaさん
今時のバイクやクルマのデザインは、派手さで目立つような小細工ばかりが目立ってしまい、骨太のスッキリしたシェープが失われているように思います。なので、このRZをはじめとして名車といわれる乗り物たちは「飽きない」スタイルを保っていますね。
Commented by セロ尾 at 2019-02-23 23:00 x
こういうツイてない日ってありますね・・・
スタンド探して遠回りはテンション下がります(笑)

まだまだ2月は天気が良くても風が冷たいでしょうね。
私も今日、青空を見て出かけようと思いましたが、強風で断念しました(笑)
明日は風が弱そうなので、今年初の林道に行ってきます!
Commented by akane8150 at 2019-02-24 22:51
セロ尾さん こんばんは
ホントこの日はついてませんでした。天気予報を見ながら、概ねのルートと食事処を考えて走る事が多いので、思うように行かないとがっくりですね。当てのない奔放のお出かけが苦手な「貧乏性」のようです(^^ゞ。
Commented by 山神 at 2019-03-26 03:12 x
毎度です
森町の森の石松のお墓はわたくしも先日行きましたよ
ばくち打ちのため、お寺の中に墓を立てさせてもらえなかったとか・・・
ちなみに新城市にもお墓がありますが、これはほんと場所がわかりませんよw
わたくし30分ほど探しましたから
一度探してみて下さいw
Commented by akane8150 at 2019-03-26 09:09
>山神さん おはようございます
さすがが、山神さん 石松のお墓まで遠征されているんですね! 新城バージョンがあるとは知りませんでした そもそも森の石松の存在すら怪しいから 各地にいろいろな伝承があるんでしょう(^^)
ブログのお引っ越し大変そうですね〜 小生だったら根気が無くて継続を諦めてしまいそうです ご苦労様でした でもおかげでまた拝読できます(^^)
by akane8150 | 2019-02-20 18:20 | Motorcycles | Comments(6)