小生の備忘録

akane928.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Medical( 7 )

職場忘年会 2016




 名古屋の下町風情たっぷりの地域に、小生の勤務する病院はすくっと建っている。奇遇にも自分が生まれた時の住まいはこの近くだった。ここを終の職場と決めている小生には、何かの思し召しがあるんじゃないかと感じている。

さて12月、忘年会やるのに最適な日ってとても限られている。病院の勤務体制からは土曜日がベスト、でも早すぎても拍子抜けだし、クリスマスに近いとやっかいだし。。。。まして人気のホテルは、常連の企業や団体で取り合いとなって予約を取ることも大変。そんな厳しい状況でも、今年も無事に希望の日時で開催!!・・・・ なぜって、1年前の忘年会の際に、予約したから(^^) このホテルを毎年利用している「お得意さん」になれば、自動更新もできるかなあ。



a0339187_14071747.jpg

 幹事は毎年各部署の持ち回り。今回はリハビリテーションの部署が受け持ってくれて、席の配置や宴の進行を進めてくれた。病院では見かけないネクタイにスーツ姿が、いつもの理学療法士のスタイルとは違うなあ(^^) この部署は昨年の芸もたいした物だった。

a0339187_14071935.jpg

 夜勤をしている職員を除いて、私用を含め参加しなかった職員はほぼ皆無。開催の19時にはぴったし全員が揃って、すばらしい団結力(^^)。日頃から時間を守ることを口酸っぱく言ってるのが効いてるねえ。

数年前までの病院忘年会は情けないモノだった。学生目当ての飲み屋さんみたいなところで、がっくりするような予算で行っていた。たかだか宴会だけど、しょぼい企画では職員のモチベーションが下がってしまうから、それからは「ちゃんとしたお店」で「美味しい食事とお酒」を楽しむようにした。病院持ち出しの予算は大変だけど、それ以上に職員からは評判がとっても良くって恒例となった。


a0339187_14072417.jpg
a0339187_14072290.jpg

各部署からの宴会芸は毎年のお楽しみ。看護部では新入職者を中心に何かをやることは定例となっている。どこでいつ練習しているのか分からないけど、忙しい業務の合間を使って練習していたはずなので、なんだかじーんとくるねえ。医事課の新人とソーシャルワーカーの女の子が出し物を用意していたはずだったが、なんとその子がこの日に急性胃腸炎が原因で入院(当院)してしまったために、芸はお蔵入りになっちゃった。いるよねえ、大事な日に限って体調崩す人(^_^;。


a0339187_14072883.jpg

 事務方の代表、職員のお世話係、経理担当などなど、小生を支えてくれる大事な仲間。ほぼ毎日顔を合わしているけど、こんな写真を撮るのはめったにないこと。 考えてみれば、家族以上に長い時間を過ごしているわけで「第2の家族」みたいなもの。


a0339187_14072990.jpg

 3年前に大きく舵取りをして以来、病院は幸いにも順調に機能している。ちっちゃな病院ではあるが、二次救急で年間1000台を越える救急車の受け入れと、外科、整形外科の手術症例を中心に急性期疾患に特化した施設は市内でも希だ。先日は全職員のひとりひとりと面談をして様々な話を聞くことが出来たが、ありがたいことに「今の仕事に満足している」と聞くことが多かった。もちろん、待遇など病院への要望も出てくるのだが、総じて手応えを感じた面談だった。


a0339187_07131253.jpg

 小生も遠近両用のメガネが必要な齢となったが、まだまだ手先も動くし外科手術の体力はあるつもり。いつの日か「もう、いいっか」って思うまで、この仲間達と「下町の病院」でがんばってみたい。忘年会と新年の挨拶会は、そんな思いを確認させてくれる大事な職員との接点だ。






by akane8150 | 2016-12-12 07:10 | Medical | Comments(6)

職場忘年会 2015


a0339187_16462151.jpg

楽しみにしていた忘年会を行った。飲み屋さんでの開催が多かったが、今期はホテルでの企画となった。職員へのご苦労さんの気持ちを伝えるためには、ちょっと贅沢をしてもよいのだ!!

a0339187_16395252.jpg

夜勤スタッフを除いた多くの職員が集まってくれた。委託の給食を作ってくれている調理師さんや門前薬局の薬剤師さんたちも来てくれた。今回は各部署で「芸」をお願いしてあった。なので、このところ仕事がはねると、密かに芸の仕込みをしていたようだ。女性が多い職場なので、賑やかな出し物が多かった。

a0339187_16395822.jpg
こんなんのや
a0339187_16394169.jpg
こんなんの
a0339187_16443187.jpg

滑りっぱなしのネタも面白いし、あなたがやっちゃいかんでしょ みたいな露出芸もあったり。面白かったな==

a0339187_16400777.jpg

医局を代表して、自分もかぶり物をつかってのひとり芸を披露。当初はウルトラマンのマスクでネタをやろうとしたんだが、このマスクしゃべれないわ、息苦しいわでボツになった。ウルトラマンのカラータイマー 納得したわ・・・・マジで3分間もつけていられない。

2次会も押さえてあったので、街を団体でさまようこともなくみんなで騒ぐことが出来た。酒が入るとひとりひとりがまた違った部分を見せてくれるので、飲み会は面白い。今年もありがとうございました。また来年も楽しく働きましょう!


by akane8150 | 2015-12-19 18:49 | Medical | Comments(2)

救急医療功労者 団体 愛知県知事表彰


公官庁街の中で、愛知県県庁 名古屋市役所 とても貴重な建築物が合い並んで鎮座している。近くにそびえる「名古屋城」と対になった面持ちは名古屋のシンボルと言える。

どちらも昭和の初めに建築され、当時の意匠をこらした建築物で、戦中の荒波を乗り越えてきた大切な遺産。昨年度にはいずれも国の重要文化財に認定された。外見もさることながら、建物の内部も貴重な大理石や高い天井、長い回廊など重厚な面持ちだ。

a0339187_22235140.jpg
愛知県庁
a0339187_22260906.jpg
名古屋市役所

しかしこれまで、生まれも育ちも名古屋人でありながら、なかなかこれらの建物に立ち入る機会などなかったが、このたび、思わぬ果報で訪ねることとなった。

a0339187_23062582.jpg
愛知県庁にて

我が病院は、名古屋の下町に60年にわたり地域の医療に携わってきた。外科・整形外科・内科が中心で、とりわけ救急医療に力を入れてきた。年間2000台の救急搬送の受け入れ、24時間対応の救急患者さんの応需など、小さな規模の病院ではあるが、急性期病院として機能を特化してきた業績を評価され、「救急医療功労者 団体 愛知県知事表彰」を受けることとなった。

数ある大小さまざまな市中病院があるなかで、まずは日頃の医療が評価されたことに感謝したい。そして100名の職員にも、日頃の労務を労いたい。




by akane8150 | 2015-10-07 22:59 | Medical | Comments(2)

ご苦労さん 屋台船宴会

a0339187_18350734.jpg
a0339187_18351802.jpg

御座船 義丸


病院業務の新年度が始まりました。

 昨年度は掲げていた経営目標を達成し、治療機器などの更新や社屋の外装工事などの行うことが出来ました。消費税アップや看護基準の見直しなどで厳しい経営を迫られると覚悟していましたが、それ以上に新たな領域の患者さんが増えたり、手術の件数が増えたりとしたことが収益につながったものです。どれもこれも 病院の仲間ががんばって診療に当たってくれたおかげです。「業績が良ければ、みんなで屋台船企画をしよう」と半年前から院長決裁で決めていました。実現できてホントに良かった!!!
 
 名古屋の「屋台船」は、堀川納屋橋から出発して 名古屋港までの往復2時間の宴会が楽しめるものです。揚げ物なども調理師さんが船上で作りたてを食べさせてくれます。約100名の職員を前半組、後半組に分けて全員参加です。夜景と船上の料理を楽しみ、上々の評判でした。

企画した甲斐がありました(^^ ・・・来期もみんなでがんばってまた屋台船企画実現しよう!!


by akane8150 | 2015-04-13 18:40 | Medical | Comments(0)

介護保険

a0339187_07312681.png

4月から介護報酬が見直されます。一言で言うと引き下げです。
消費税増税が先送りされ財源が限られる中で、特別養護施設や介護サービス事業者の儲け過ぎと言われています。毎度繰り返される「かけたハシゴを外す」ような行政施策です。うちの病院は急性期病院であるために主たる問題では無いのですが、デイケア施設やリハビリを提供している部門では減収が見込まれます。特に通所リハビリの介護報酬が大幅に減額され、10%ほどの収益低下になります。町中にあふれている介護サービス事業者の中にはやりくりができなく施設も出てきそうです。
利潤が見込めるところに事業者が殺到するのは自由競争の定めとは思いますが、真の目的である「高齢者の生活を守る」という趣旨についてレベルダウンは避けなくてはいけません。


by akane8150 | 2015-02-19 07:32 | Medical | Comments(0)

「怒る」と「叱る」

自分の抱えている懸案に 「怒ると叱る」の使い分けができない問題があります。

昨日のことです。。

午前中に受診のあった患者さんから、撮影したCT画像画像が欲しいと電話で申し出がありました。セカンドオピニオンが常識となった医療では、よくある事例です。来院した際に渡せるように画像の入ったCDと紹介状を用意しました。夕方になってもその患者さんが来院したとは聞いていないため、担当の事務職員に問い合わせたところ「すでに来院してCDだけ渡しました。紹介状は要らないと言ったので・・・」との返答でした。

転院の際には医師同士の連絡が不可欠と思うため、この対応には思わず「怒って」しまいました。担当を呼んで「なぜそうしたのか? 対応の取り決めに反している!」などなど 威圧的な態度で詰問してしまいました。

その後冷静になって振り返ると 上に立つものとしてふさわしくない対応だったと反省しきり、こんな自己嫌悪の繰り返しです。

「怒る」と「叱る」は別物!! 「怒る」は怒りの感情 「叱る」は指導の感情。。。 まさにその通りと思います。彼はさらに加えます。

==叱るコツ==
# すぐ叱る。あとになって「あの件だけどね・・・」と叱るのは効果が薄い。
# 短く叱る。言いたいことは山ほどあっても、ダラダラと説教するのは意味がない。できれば二言、三言ぐらいで。
# それから、叱ったらすぐその場を離れること。ニラミをきかせると逆効果。
# 1対1で叱る。みんなの前で叱って恥をかかせる必要はない。

感情のコントロールは難しいのですが、多くの職員を抱える院長として「怒る」と「叱る」の区別が出来るようにしなくてはいけません。
a0339187_07490711.jpg

by akane8150 | 2015-02-05 07:48 | Medical | Comments(0)

院長とは 名ばかりで・・・

a0339187_15593895.jpg
名古屋にある外科系病院で院長をしています。院長とは名ばかりで、病院内を走り回る毎日です。少数精鋭の常勤医でやり繰りしていますが、裏を返せば人件費問題が見え隠れします。なにはともあれ、病気を患った近隣住民の方たちの頼りとなれる病院を目指します。

by akane8150 | 2015-01-22 16:00 | Medical | Comments(0)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite