小生の備忘録

akane928.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

MT-01 OS 5 中央構造線

バイクツーリングのスタイルは人それぞれで楽しみ方があると思いますが、自分はロングソロツーリングが性に合ってます。地図を眺めて行きたい場所をぐるぐる思い描いて、それを線でつないでコースを決めます
a0339187_20415751.jpg
開田高原

a0339187_20284654.jpg

國田家の芝桜
a0339187_20414620.jpg
飛騨一ノ宮の臥龍桜

 大好きなルート 中央構造線「国道152号」縦断を選びました。名古屋出発で郡上からせせらぎ街道、高山に抜けて朝日村・御岳・木曽福島、そこから権兵衛トンネル〜伊那・高遠・・・いよいよメインディッシュの中央構造線152号を南進。分杭峠・地蔵峠・青崩峠と林道走り 新東名浜北ICから名古屋に戻りました。出発が6時半 帰宅が18時 走行距離620km くねくね道を思う存分楽しみました。郡上の「國田家の芝桜」これから満開 宮峠の臥竜桜はすでに満開 高遠の桜はすっかり葉桜でした。
a0339187_20451695.jpg
国道152号 地蔵峠

a0339187_20421076.jpg
しらびそ峠

MT-01 動画
https://www.youtube.com/watch?v=fkgJDht7R4k



by akane8150 | 2015-04-26 20:55 | Motorcycles | Comments(2)

大神(おおみわ)神社

a0339187_20474835.jpg
大神神社

次女の合格祈願のお礼と新しく我が家の仲間入りをしたクルマのお祓いに奈良の三輪にある大神神社へ行ってきました。大神神社は日本最古の神社の一つで、「三輪氏」の祖神です。「三輪氏」は奈良の三輪をふるさととし、全国へ広がって各地に「三輪」の地名を残しています。大神神社はお酒の神様でも有り、酒屋にかかる「杉玉」もここがルーツです。

a0339187_20403459.jpg
a0339187_20404222.jpg
我が家では大神神社は特別なところ、お願い事やお礼参りには必ず訪れます。祈祷の神語(幸魂奇魂守給幸給)、祈願成就ありがとうございました。ここは「三輪そうめん」が有名で、今日は三輪そうめんの山本でお昼を頂きました。ゆばそうめん、柿の葉寿司、美味しかったです。
by akane8150 | 2015-04-19 20:55 | Life | Comments(0)

ご苦労さん 屋台船宴会

a0339187_18350734.jpg
a0339187_18351802.jpg

御座船 義丸


病院業務の新年度が始まりました。

 昨年度は掲げていた経営目標を達成し、治療機器などの更新や社屋の外装工事などの行うことが出来ました。消費税アップや看護基準の見直しなどで厳しい経営を迫られると覚悟していましたが、それ以上に新たな領域の患者さんが増えたり、手術の件数が増えたりとしたことが収益につながったものです。どれもこれも 病院の仲間ががんばって診療に当たってくれたおかげです。「業績が良ければ、みんなで屋台船企画をしよう」と半年前から院長決裁で決めていました。実現できてホントに良かった!!!
 
 名古屋の「屋台船」は、堀川納屋橋から出発して 名古屋港までの往復2時間の宴会が楽しめるものです。揚げ物なども調理師さんが船上で作りたてを食べさせてくれます。約100名の職員を前半組、後半組に分けて全員参加です。夜景と船上の料理を楽しみ、上々の評判でした。

企画した甲斐がありました(^^ ・・・来期もみんなでがんばってまた屋台船企画実現しよう!!


by akane8150 | 2015-04-13 18:40 | Medical | Comments(0)

エスティマG

a0339187_18111137.jpg
平成10年 エスティマG

我が家の大切な1台 エスティマが「ドナドナ」されてゆきます・・・

スキーに出かける我が家には、家族5人がゆったりと座って、雪道を物ともしないクルマが必要です。家族の一員になったこのエスティマは、17年間延べ14万5千キロを走ってきました。次女が生まれるにあたり、それまで家内が使っていた「グラシアワゴン」が手狭になる事も購入のきっかけでした。

辛口の徳大寺さんがめずらしく絶賛していたのも記憶に残ります。過給器付のエンジンをミッドシップに積んでフルタイム四駆で駆動するエスティマは、高速安定性・コーナリングとも大柄なバンとは思えないフィーリングです。2列目のキャプテンシートは快適な空間で、ルーフに組み込まれた液晶画面でテレビやビデオを見ることができます。いまでこそありそうな機能ですが、20年前に完備されていたと思うと、初代エスティマは時代を先取りした作りでありました。

ドライブシャフト・ラジエタータンク・マフラー・ハブベアリングなどの交換を要しましたが、いずれも待機的な手当で済んで旅先の立ち往生などのトラブルには出会いませんでした。現状では停車時の振動がありますが、エンジンマウントの交換で良くなるはずです。ただし、運転席の下にエンジンがあるため、大きめなエンジン音は難点だと思います。

次期「ゲレンデ直行クルマ」の下取りになって手元を離れてゆきます。できればずっと手元に残しておきたかったのですが、それも叶わず。スクラップにならず、アジアのどこかで第2の人生が待っていてくれることを願ってます。
「お疲れさんでした ありがとう」


by akane8150 | 2015-04-10 18:16 | Cars | Comments(0)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite