小生の備忘録

akane928.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

XT250 セロー 1 温見峠 冠山峠

a0339187_21363667.png
温見峠・冠山峠 いずれも峠道としては全国レベル知名度の酷道です。災害や雪で通行止めが多いのですが、今回は通行可能との情報を得て踏破してきました。
a0339187_21372682.jpg
自宅を出発して美濃樽見から酷道157号を北進します。厳重な閉鎖ゲートも今日はオープンです。ここから大野まで約60km、民家もまばらな山岳道路になります。                                                
a0339187_21375894.jpg
温見峠までの途中には「洗い越し」が数カ所あります。全国的にもめずらしい道路と河川の交差点です。水量の多いときには水苔で滑りやすく、崖下まで流される危険があります。
a0339187_21382945.jpg
温見峠はひらけていますが、展望は望めません。週末の交通量はそれなりにあり、他府県ナンバーのクルマが多いのにもびっくりです。
a0339187_21390696.jpg
 
a0339187_21392889.jpg
温見峠から福井方面への下り。ガードレールがないことはあたりまえ、落石も数知れず。路肩も痛んでいる箇所もあり、転落したら発見してもらうことすら難しいでしょうね。峠の前後は1.5車線の狭路がほとんどです。

a0339187_21394971.jpg
157号を下りきると大野の町です。山に囲まれたきれいな水田の広がるこの町は、山から下りてくると「大きな平地」という実感がわきます。なので「大野」という地名には納得します。きれいな水の流れる大野は、小京都と言われるほど趣のある町です。

a0339187_21402513.jpg

大野で一息ついて、次の峠、冠山峠です。今期は6月からの開通で、11月には雪で閉鎖されます。今年9月中は道路整備で閉鎖予定となっているので、年間4ヶ月しか通ることのできない計算になります。
a0339187_21403508.jpg
いよいよ峠道に差し掛かったところで、トンネル工事現場に行き当たります。10年後をめざして福井と岐阜を結ぶトンネルが着工されています。5kmにも及ぶ長いトンネルは地元の人たちには恩恵をもたらしますが、完成後にはこの峠道は閉鎖されてしまうのでしょうか。
a0339187_21405142.jpg
a0339187_21411892.jpg
a0339187_21413343.jpg
福井から岐阜への上りです。路面の痛みは温見峠よりも激しく、路幅もクルマ1台分のところが増えます。行く先の険しい道が見えますが、その高低差や絶壁のすごさには驚かされます。中途には野猿の群れに遭遇したり、大きなヘビを踏みそうになったりとスリリングな場面も。
a0339187_21425450.jpg
a0339187_21432732.jpg
a0339187_21440507.jpg
冠山峠はとても展望の良い峠です。標高1300mほどの冠山頂上にいたる登山道も整備されて、ハイカーの人たちも大勢きていました。おにぎりをほおばって満足満足。冠山峠は福井池田から徳山ダムまで約50kmで、温見峠と双璧となる酷道です。なんでわざわざこんな道を走りに来るのか、自問自答してもなかなか答えがでてきません。バイクをくねくね走らせることは楽しいし、険しい道に挑むって部分の冒険もあるし、出会うバイク乗りの人たちもきっと同じような気持ちを持ってるんじゃないでしょうか?

a0339187_21442748.jpg
徳山ダムにはドライブの人たちが沢山来ていました。ダムができる前にも今回のルートはバイクで来たことがありますが、今以上に山奥、僻地、秘境といった風情がありました。整備されたトンネル群のおかげで、あっという間に岐阜の市街地まで山を下ることができるようになりましたが一抹の寂しさも感じます。

a0339187_21463650.jpg
セロー250
久しぶりのオフ車です。かっとびフルサイズではなく、足がべたべたつくところが気に入り増車となりました。インジェクションのメンテフリーもありがたいし、砂の浮いた悪路でも安心してブレーキもかけられます。何よりも軽いことは良いことです。これまで山岳路でもロードバイクで走ってきましたが、気楽に走り出せるって言う部分では、オフ車にはかないませんね。新しく手元に来たセローはこれから出番が増えそうです。




by akane8150 | 2015-08-24 22:59 | Motorcycles | Comments(0)

MT-01 OS 7  野麦峠

a0339187_21101870.png
a0339187_21444566.jpg
野麦峠への上り

「峠」 自分は峠を走るのが好き。 沢山の峠の中でも「野麦峠」は年に一度は訪れたい大好きな道です。11月中旬から5月のゴールデンウイークまで半年以上にわたって雪で閉ざされます。飛騨の高根ダムから信州の奈川まで約30km、峠の標高は1600mを越えます。
峠の頂上からは乗鞍岳が雄姿を見せてくれます。


a0339187_21451036.jpg
乗鞍岳
a0339187_21075292.jpg
野麦峠 お助け小屋

峠の茶屋でお腹を満たすのも、恒例行事。以前は宿泊も受けていましたが、いまでは食事を出すだけになってしまいました。一度は宿泊をしておくんだったと後悔です。朝6時に自宅を出発、上之保〜岩屋ダム〜小坂〜鈴蘭高原〜野麦峠〜権兵衛峠〜飯田〜平谷〜矢作ダムとコースをとって午後4時には帰宅です。
a0339187_21121689.jpg
伊那 南アルプス遠望

a0339187_21313667.png
明治時代に「政井みね」という20才の女工がこの峠でふるさとを目前に腹膜炎で息を引き取ります。「ああ野麦峠」いう映画にもなった出来事です。虫垂炎か潰瘍などの穿孔性腹膜炎か、いまであれば、採血・CTで診断がつき、抗生剤治療や外科手術をすれば救命できたはず。そんなことを考えながら峠をくだりました。


by akane8150 | 2015-08-17 21:39 | Motorcycles | Comments(0)
line

Golf Bike Cars and Beer


by akane8150
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite