小生の備忘録

akane928.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

過去の愛車 5 Porsche 928S4



a0339187_21143724.jpg
a0339187_21144921.jpg
928S4 1988 ロックグリーンメタリック 箱根にて


学生時代にポルシェの新車展示会で名古屋のホテルを訪れた。時代はバブルの真っ最中、自分は911カレラには目もくれず、スポットライトを浴びた伸びやかな928S4に一目惚れしてしまった。「いつかはこれに乗る!!」と決めて、卒後5年目に928S4を手に入れた。



a0339187_21181866.jpg
 学習したはずなのに、近くで見つけた 5年落ちの1988年式 正規物のS4をほぼ衝動買い(中古で手を出してはいけないクルマに928やBMW850やJaguar XJ-Sなど、挙がっていたにも関わらず。。。)。


a0339187_22565394.jpg
a0339187_22564275.jpg
a0339187_22581054.jpg
a0339187_23004677.jpg
a0339187_22575163.jpg
食堂会議の家 第2回全国オフ会 浜名湖


 オプション設定のRock Green Metallicが渋く、内装はバーガンティの派手なもの。嬉しくって、楽しくって通勤から遠出から毎日乗っていた。「食堂会議の家」という928フリークのホームページに出会い、全国オフ会を企画させて頂くなど、沢山の928仲間とも出会うことも出来た。今も「食堂会議の家」は健在で、残っているメンバー達は928を大事に維持している。


a0339187_21324580.jpg
a0339187_21345518.jpg
928S4 1989 リネングレーメタリック


 初代928は5年と18万キロ、まだまだ走れたが新たなオーナーの元に移っていった。操る楽しさも維持する大変さも十分堪能したと自分を納得させて一時的には928から離れたのだが・・・やはり好きな女性は忘れられない。性懲りもなく再び928を探し出して手に入れた。2代目は1989年 S4 内装はブラック、外装はリネングレーメタリック(亜麻色)で初代と甲乙付けがたい良い色合いだった。九州から東北までロングツーリングに最高の相棒で、山間のクネクネ道から怒濤の高速道路まで大排気量の醍醐味を味わえた。

a0339187_21514931.jpg

 1978年に世に出た928は、世界最速のATとして次期911となるべく開発されたクルマだ。A地点からB地点まで最も速く快適に移動できることを目標とされ、エンジンも足回りも電装も時代を先取りしていた。前後重量のバランスの為にリアフェンダーとリアハッチ以外はアルミのボディで、バッテリーまでもリアトランク下に積まれた。ブレーキの信頼性も高く、後続車に追突されないかと心配するくらい恐ろしいほどに効いた。

 難点もいくつかあった。通常はAT2速で発進のため、5L V8のエンジンはとてもジェントルに立ち上がる。鋭いふけ上がりを期待する911フリークには納得できなかっただろう(裏技で1速発進も可能であったが)。市内を普通に走って5km/L、これは5Lと思えばそれなりに評価できたが、高速を大人しく走っても8km/L.は??であった(ガソリンタンクがぶ飲み90L近く)。オートエアコンはエンジンバキュームを使ったフラップ作動で、これが壊れて真夏に熱風しか出ないという地獄もたびたび経験した。

 2台を乗り継いで、エンジンオイル漏れ、冷却水漏れは絶えず悩まされたトラブルだ。10万キロを越えたクルマなら致し方ないのかもしれないが、現代の国産車では許されないレベル。
8年間で13万キロを走行し、純粋な修理、整備にかかった費用はクラウンロイヤルサルーン1台分くらいであった。

928に乗り続けて15年と25万キロ、夢は完遂したはずだが、今でも目の前に程度の良い928が現れたらきっと心悩まされそうだ。









by akane8150 | 2015-12-25 23:03 | Cars | Comments(2)

職場忘年会 2015


a0339187_16462151.jpg

楽しみにしていた忘年会を行った。飲み屋さんでの開催が多かったが、今期はホテルでの企画となった。職員へのご苦労さんの気持ちを伝えるためには、ちょっと贅沢をしてもよいのだ!!

a0339187_16395252.jpg

夜勤スタッフを除いた多くの職員が集まってくれた。委託の給食を作ってくれている調理師さんや門前薬局の薬剤師さんたちも来てくれた。今回は各部署で「芸」をお願いしてあった。なので、このところ仕事がはねると、密かに芸の仕込みをしていたようだ。女性が多い職場なので、賑やかな出し物が多かった。

a0339187_16395822.jpg
こんなんのや
a0339187_16394169.jpg
こんなんの
a0339187_16443187.jpg

滑りっぱなしのネタも面白いし、あなたがやっちゃいかんでしょ みたいな露出芸もあったり。面白かったな==

a0339187_16400777.jpg

医局を代表して、自分もかぶり物をつかってのひとり芸を披露。当初はウルトラマンのマスクでネタをやろうとしたんだが、このマスクしゃべれないわ、息苦しいわでボツになった。ウルトラマンのカラータイマー 納得したわ・・・・マジで3分間もつけていられない。

2次会も押さえてあったので、街を団体でさまようこともなくみんなで騒ぐことが出来た。酒が入るとひとりひとりがまた違った部分を見せてくれるので、飲み会は面白い。今年もありがとうございました。また来年も楽しく働きましょう!


by akane8150 | 2015-12-19 18:49 | Medical | Comments(2)

MT-01 OS 11 知多半島


a0339187_17415687.jpg
どん吹きの寒風の中、知多半島へぶらりと行ってきた。冬型の気圧配置で、ライブカメラを調べると郡上から北では雪が積もっているそうだ。雪雲を避けるように、お手軽な知多半島へ向かった。
a0339187_17544314.jpg
師崎

名古屋高速と知多有料道路を使えば、名古屋から知多半島先端の師崎まで1時間。伊勢湾の形が手に取るように分かる景色が広がっている。南には渥美半島、西には伊勢、手前には篠島や日間賀島が見える。このあたりは「ふぐ」の名産地で、下関のふぐも実は愛知の物だったりする。風が強く白波が立って、バイクにも飛沫が飛んでくる。上下レザーにネックウオーマー、電熱グローブの装備だが、日があたらない場所では、やはり寒い。

a0339187_17430297.jpg
豊浜

父が釣り好きで、ここに小舟を置いていた。おかげで地元の仲買さんたちとご縁が出来て、海の幸の美味しさを教えてもらった。湯でたての「ワタリガニ」や「シャコ」はホントに旨い。「キビナゴ」や「アカシャエビ」も地元では普通に美味しい。夜の港では、ワタリガニが水面を泳いでいるのをすくって採れたものだ。シャコも沢山捕れて、大釜で湯がいてハサミを片手にがつがつ食べたものだ。それがいまやいずれも採れなくなってきて、高値の花となっている。

a0339187_17434938.jpg
豊浜 まるは食堂本館

エビフライで名の知れた「まるは食堂」の本店。ここを切り盛りしていた奥さんがよく働く人で、現在ではセントレアや栄にまで出店を出すまでになった。タモリが名古屋を揶揄して「エビフライ」ばかりが取り上げられてしまうが、漁師の町ならではの「メバル」や「アイナメ」などの煮付けも美味しく、こっちが本道だ。水揚げがあれば、ワタリガニやシャコも定食の一品にあがる。

a0339187_17433744.jpg
東西屋

同じく豊浜にある料理旅館だが、休業中。とても残念。落ち着いて個室でいただけるお店で、商用にも使えることもあり名古屋からのお客さんで流行っていた。特に冬の時期は「ふぐ」三昧がお値打ちに楽しめたのに・・・いつか再開するように期待する。

a0339187_17440901.jpg
野間崎灯台

強烈な北西の風、名古屋では「伊吹おろし」と呼んでいる。半島の西側にあるこの野間崎灯台はふきっさらしの中。ここは恋愛成就のジンクスで有名で、灯台周りの鉄柵に「南京錠」をかけるカップルが後を絶たない。重すぎて柵が倒壊したなんて、オチまでついている。

a0339187_17444989.jpg
内海海岸

海水浴で知られた内海。名古屋の「湘南海岸」ってな扱いか。「白砂の湯」という日帰り温泉施設があって、しょっぱいお湯が良かったが、すでに更地になっていた。バブルの頃にできた贅沢な施設だったんで、その維持に困窮したんだろうか。お湯が出なくなったとは聞いていないんで、リタイアしたら立ち寄り湯でも始めるか((^_^; 
a0339187_17460184.jpg
野間大坊

野間大坊の境内にある源頼朝の父、義朝のお墓。木刀に願いを書いて奉じるのが変わっている。平治の乱で破れた義朝が落ち延びる途中で、裏切りによって入浴中を襲われてこの地で亡くなった。その際、「我れに木太刀の一本なりともあれば」と無念を叫んだといわれ、その故事にちなんで木刀が供えられるようになった。お風呂で襲われるなんて、いわゆる「丸腰」、卑怯なやり方だなあ。裏切った家臣は、その後獄門になったとか。

a0339187_17471037.jpg
常滑 盛田味の館

「ねのひ」で知られている盛田醸造のお店。江戸時代の醸造蔵の雰囲気を生かした建物で、食事をとったり工場見学もできたりする。なにより興味があったのは、併設された「盛田昭夫」の記念ブースだった。盛田醸造の15代目当主の盛田昭夫は、ソニーの創業者でもあった。世界のソニーに育て上げた立役者が、地元愛知の人だったとは知らなかった。「ねのひ」ブランドで、名古屋市内に飲み屋さんがあるが、ここはお勧め。海鮮を中心に日本酒が美味しく頂ける。
a0339187_17515225.jpg
a0339187_17522398.jpg
冷たい風と凍結を心配する路面では、これからの季節で目指す場所も限られる。この前までエンジンの熱気にやられていたはずなのに、指先の冷たさに信号待ちではエンジンに手がいってしまう。夏にはあれだけあふれていたバイクフリークもめっきり減って、すれ違うのはモコモコに着込んだ強者だけだ。

走った後は必ず洗車をするようにしているのだが、これまた辛い季節となった。エンジン前回り、リア周りが汚れるのだが、高圧洗浄機で洗浄することが多い。高圧洗浄は良くないと言う人もいるが、自分はこれまでずっとそうしてきた。もちろん、洗浄後はしばらく走って水を切った後、ぬれタオルと拭き上げタオルで拭き取るのだが・・・。正しいバイクの洗車方法って、どうなんだろう??


by akane8150 | 2015-12-04 19:57 | Motorcycles | Comments(2)
line

Golf Bike Cars and Beer


by akane8150
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite