小生の備忘録

akane928.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Team TOKOTOKO 1 CUB CUP デビュー戦 富士スピードウェイカートコース



友人が昨年からクローズドにバイクを持ち込んでせっせと走るようになった。ZX-12Rをこよなく愛するカワサキ人はNinja 250 SLをサーキット用に購入してレースに出る準備中。その彼に影響を受けてRZで久々にサーキットを走ったら、面白いのなんのって!! やっぱ、理屈抜きの速いもん勝ちの世界は分かりやすい、学生時代のモトクロスのレースを思い出してまたやりたくなってしまった。

a0339187_22351217.jpg

でも、MT-01やRZで転けるような走りはむちゃだし、高速サーキットの転倒はちょいとリスクがありすぎる。いまさらモトクロスは体力的にもたなくって、3周目くらいで腕があがってどっかに飛んでいくだろう(T_T)・・・。そこでいきついたのが、スーパーカブの耐久レース。これなら肩肘貼らずに参戦できるってモノ。その彼とも意気投合し、さらにVmax友達を巻き込んでTeam TOKOTOKOを結成した。



a0339187_22373188.jpg

まずは戦闘機を探さなきゃということで、ヤフオクでたまたま見つけたキャブ最終型の掘り出し物。10年落ちなのにわずか300kmほどしか走っていない希少モノで、飛騨高山のおばあちゃんが前オーナー(^^)。ワイドビューひだに乗って高山までヘルメットをもって引き取りに、帰りは原付制限速度が何キロだったか「わかんない」的な走りで名古屋まで激走。初めは慣らし同様で回転が上がらなかったけど、名古屋に着く頃には「おわkm」くらいは出るようになった。バイクはぴっかぴかで新車といわれてもいいくらい。


a0339187_22260710.jpg
2005 スーパーカブ 50

愛知三河にある幸田サーキットで年2戦行われる「モンCub耐」に参戦しようということになって、レギュレーションを勉強しつつバイクを仕上げることに。キャブレターやリアサスなど手を入れることもできるが、まずはタイヤ交換くらいのノーマルで参戦しようということに。しかしこの8月のモンCub耐第2戦が秋以降に延期(T_T)。それではと他のスーパーカブの耐久レースを探したところ、「CUB CUP」なるものを発見。これも年数回行われるスーパーカブではおっきな大会、富士スピードウェイでの開催なので愛知からの参加は「アウェイ」感たっぷりだけど、まずは走らなきゃということで、遠征・遠征!!。


a0339187_21174681.jpg
カブラ仕様

マシンは「カブラ」のレッグシールド、シングルシート+シートカウルのパーツをゲットし、タイヤも交換。とてもクールな車両に変身。ホンダがカブのワンメイクレースやったらきっとこんな雰囲気になったでしょう的な、すっきりした格好良さ。

a0339187_07504350.jpg

レースは8月20日の土曜!!、普通は仕事してる曜日だがや!!。なので私の代わりになる非常勤をお願いして心置きなく参戦。自分が何で休んでいるのかスタッフが知ったら、「ブーイング」だわな(T_T)。・・・急にいつもの名古屋弁。


朝7時半からのピット設営のため前日から現地入り。天気予報では台風の影響で午前中ずっと雨の予報。。。日頃のツーリングでも雨は絶対に避けるのに。。。雨の中をテント広げてピット設営、
よりによってこんな日に大雨とは・・・。


a0339187_21181644.png
CUB CUP 第3戦(富士スピードウェイ カートコース)


晴れていれば、面白いルマン式のスタートだったが、安全のためにローリングスタートになった。最もスピードのでないクラスであり、予選の結果はビリから3台目。ビリの2台は@@自動車大学校のグループだった。同クラスを含めて常連チームとのスピード差はいかんともしがたく、とにかくこの2台には勝つことを今回の目標とした。


a0339187_21175236.jpg

ピットにはクーリング用に扇風機も用意、そのために発電機も持ち込んだ。当初は炎天下の暑さとの戦いとふんでいたが、ざんざか降りの雨ではだんだん寒くなって扇風機も無用の長物に。第1ライダーのコメントではリアタイヤのグリップが低すぎるようで、2度ほど転倒した模様。3時間のレース時間を、3名で20分づつ消化してローテートする計画となった。


a0339187_21180629.png

2度目のコースインの頃が土砂降りでコースには水たまりだらけ。コーナーの途中でアクセル開けようなものならあっさりリアタイヤが流れ出して転倒となる。いつスライドしてもいいようにモトクロスのようなだっさい走りとなった。のろのろ走る我がチームを他クラスの速いチームがふつーにバンクさせてアクセル全開で走り去ってゆく。タイヤ選択が悪かったようで、自分たちのダンロップTT900はドライでは良いのだけど、ウエットではブリジストンのバトラックスが常識らしい。


a0339187_21181152.png

CUB CUPはプロテクターを付けてレーシングブーツを履いていれば、レザースーツの着用は求められないのでアッサリ、テキスタイルのウエアにした。仲間は律儀にレザーだったが、乾かすのに大変だっただろう。コーナー立ち上がりで数回転倒し、からだのあちこち撃った・・・プロテクター付けていても擦り傷ができるなんて。


a0339187_21180065.png
a0339187_21175702.png

仲間の転倒シーン・・カウンターあてるもステップがまずは接地してくるりとその場で回転してばったーん。モトGPのようにはいかないんだ(^^ゞ。足回りについてとにかくリアが踏ん張れなかった印象だ。カブのひ弱なトルクがかかっただけで簡単にグリップを失ってしまう。タイヤ選択もあるだろうが、もうすこし良く動くリアサスペンションに代えるのもいいのかも。シングルシートとリアカウルはめちゃ格好いいが、ノーマルのざぶとんシートの方が前後の体重移動はよりメリハリができて、リア加重という点では優れているかも知れない。見た目も大事なんだけどね!


a0339187_21173804.jpg

3時間で191周、ベストラップは50.9秒。同クラスの優勝チームが231周の42.1秒だから比較にならないほどの大差!! ライディングが上手い下手という以上にマシーンの性能差があったように思えた。他チームから弄ってある内容などなかなか出てこないので、すこしずつエンジン、足回りなどなど試行錯誤で手をいれる必要がありそうだ。


a0339187_21173314.jpg

無事に3時間を走りきったころには台風も通過したみたい(>o<)。ライバルとした大学校チームよりはたくさんは走ってこのクラス4位になった。3人で10回近く転んでいるけど、さすがカブ、おっきなダメージなしですんだ。大雨の中の大変なレースだったけど面白かったし達成感もあり、これは続けられそうな予感。現時点ではまだまだ上位チームはほど遠いレベル差があるけど、いつかは競い合える日を目指したいな〜〜。




by akane8150 | 2016-08-22 19:10 | Motorcycles | Comments(4)

MT-01 OS 18   乗鞍岳(鈴蘭峠・野麦峠・白樺峠・安房峠・平湯峠)



a0339187_17132328.jpg

今年はまだ野麦に行っていない!! 行かなきゃ・・・ でも暑いよな〜〜〜 と悩みつつ、もっと早く出ればいいのに、7時半にのんびりと自宅を出発。まずは名古屋ICから中央道小牧東ICまで高速を使って、国道41号を北上。美濃加茂からは地元のライダーでは常識的な裏道(道の駅平成〜上之保〜飛騨金山町)を使って東仙峡金山湖に到着。このダム湖岸路はそれなりに長いワインディングで、景色も最高。週末には多くのバイクで賑わう場所。これを過ぎて馬瀬川沿いに北上し、新日和田トンネルで飛騨下呂に抜ける。ここからも裏道街道、41号の対岸を北上し小坂町に入り、鈴蘭高原への取りかかりとなるあまり人に教えたくない快走路(^^)。


a0339187_16593489.jpg
鈴蘭峠展望台

小坂の街から鈴蘭峠までの登り、適度なカーブの続くワインディングロード。それなりの距離とカーブの繋がりがスムーズでとても楽しい路で、小生の思い浮かぶくねくね路快適ベスト5には入るだろうな。途中には右に枝別れして濁河温泉に向かうルートがあるが、距離も長くって狭いのでMT-01では行きたくない林道。今回はそのまま直進で鈴蘭峠をこすと別荘街となり、乗鞍と御岳が望める展望台となる。景色は雄大で、御嶽山、乗鞍岳さらには中央アルプスも一緒に見ることができる。午前中は逆光になるためにこんな写真になってしまった(>o<)。



a0339187_17010223.jpg
木曾街道(国道361号)

鈴蘭高原を駆け下りて着く先は木曾街道。これを右折して幾つかのダムを過ぎると野麦峠への分岐が現れる。木曾街道は高山と木曽福島を結ぶ整備された路で、ライダーとピースサインを交わすことも多い。道の駅は2個所、ガソリンスタンドも点在しておりツーリングにはいいコースだ。

a0339187_17042231.jpg
高根町阿多野

峠に向かった行く途中では、この阿多野の村落が唯一乗鞍を望むことができる場所。富士山もそうだけど、山に近づくほどその頂が見えなくなってくるモノ。ここで一息の休憩。


a0339187_17044110.jpg
野麦峠

登りの距離が長いという点で、自分は西側から上がってゆくのが好きだ。昔の登山道とクロスしながら20km上がってゆくのだが、右周りのつづら折りが多く永久にくねくねが続くんじゃないのかって心配になるくらい。峠は開けていて、標高1700m近くもあって下界の暑さとは無縁だ。雪を頂いていない乗鞍岳が間近に見える。


a0339187_17053761.jpg
お助け小屋

決まってここで昼食。スペシャルな蕎麦じゃないけど、この秘境で食事が頂けるだけでもと思い利用している。縁側に座ってお山を眺めていると、虫の声、風の音しか耳に入らず。なんだか時間が止まったような錯覚。日常の煩雑な世界から抜け出して、このような山奥の自給自足の生活をしてみたら、自分はどんなになるんだろうと想像すると面白い。便利さを捨てることができるのだろうか、いろいろな煩悩と縁が切れるだろうか?


a0339187_17074350.jpg
乗鞍スーパー林道

峠を下りきると信州奈川の村落だ。これを右に曲がれば木曽福島。左にまがれば安房峠経由の高山。まだ日は高いし、雲も無い上天気なので、旧道の安房峠と平湯峠の制覇を目指し、遠回りの高山コースへ。奈川から左折して乗鞍スーパー林道に入る。昔は有料でゲートがあったり、砂利道で走り辛かったりしたが、いまでは完全舗装路となっている。手前の尾根を乗りこえるところが白樺峠。これを越えると乗鞍岳が正面に現れてくる。

a0339187_17080395.jpg

乗鞍高原 一ノ瀬遊園

乗鞍岳を最も間近に見ることのできる絶景ポイントが乗鞍高原の一ノ瀬遊園。乗鞍高原はスキー目的にほぼ例年訪れてきた。宿とゲレンデが隣接しているし、なにより硫黄の温泉がグッド。ただしこの冬は長女の卒業、国試などなど、来年の冬は次女の大学受験があったりとスキー旅行は数年お預けになりそうだ。

a0339187_17081523.jpg
泡の湯 白骨温泉

林道の峠を下る途中に一軒宿の泡の湯さんがある。だだっ広い露天風呂は混浴で、女性用にはおっきなバスタオルが用意されている。学生の頃は木造3階建ての鄙びた宿だったが、増築して今風のモダンなお宿に格上げしてしまった。白骨温泉郷のなかで斉藤旅館とならんでお勧めの宿だろう。ただし大露天風呂はお湯の温度が低めで、真冬だと暖かい場所を探さなきゃならない。混浴も・・・女性が多数の場面などに出会したら、さっさと退散するに限る。


a0339187_17083984.jpg
上高地入り口

通年、マイカー規制中の上高地への交差点。もちろんバイクも駄目に決まっている。。。自転車はどうなんだろう?? この日も前後にある自家用車駐車場には多くの人がいて、上高地入りのバスやタクシーもたくさん出ていた。上高地も観光客でごった返していただろう。

このすぐ川岸に中の湯という一軒宿があって、何度か利用させてもらった。川沿いの野手あふれる露天風呂はカーブする国道から丸見えで、観光バスに前を隠しつつ手を振った覚えがある。硫黄の香りに包まれた一軒宿だったが、安房トンネルのガス爆発事故が原因で峠の中腹に移転してしまった。
 

a0339187_17085006.jpg
卜伝の湯

この交差点近くの山肌に扉があって、中の湯が管理している洞窟風呂「卜伝の湯」だ。扉を開けると手前の脱衣場からすでに湯気がもうもうと立ちこめた岩をくり抜いた湯船が面白い。貸し切り風呂で入り口の鍵を借りて、道をはさんだ宿から浴衣姿で来ることができた。しかし今の中の湯は旧道峠の中腹にあってとても歩いて来るような距離では無い。宿泊のお客さんはどうやってここまで来てるんだろう。宿泊した際には、ぜひ体験したいお風呂だ。


a0339187_17095115.jpg
安房峠

旧峠道はその狭さ、つづら折りがすごい。これが主幹道路だったとは思えない峡路で、トラックなどの大型車がすれ違うことも大変だったろう。それを思えばあっと言う間に通り過ぎてしまう安房トンネルの利便はすごいこと。峠からは上高地を見下ろす霞沢岳の雄姿が正面に現れる。標高1790m、風はひんやりして至極快適。

a0339187_17101463.jpg
平湯温泉郷 

安房峠を下るとすぐに平湯温泉街の中となる。廃業したような宿もあり、すこし寂しい感じがする。しかしこの右手にある「ひらゆの森」という日帰り温泉施設はいつも混んでいる。流行る理由もあるわけで内湯も露天も規模が大きくって、とうとうとお湯の溢れたいいお風呂。トンネルができるまではこの平湯まで訪れるだけでも大変な山奥だった。それがいまやクルマを使えば高山からも松本からも1〜2時間で来ることができる。便利にはなったのはいいけど、秘境の温泉も日帰りで楽しめるようになって、宿泊する必要性がなくなったのも確かだろう。

a0339187_17104358.jpg
平湯峠

安房峠にくらべると距離もくねくね感も小ぶりな平湯峠。この旧道からは乗鞍スカイラインが分岐している。20年以上前のまだマイカーで乗鞍岳に上がることができた時代、RZ350で走ったことがあった。2サイクルバイクの宿命で、高所のためにアクセル全開でもエンジンはふけず、観光バスに追いかけられる恐怖を味わった。白煙をもくもくはき出して30-40km/hしかでなかったのだ(^^)。

今回は野麦峠を目標に走ってきたが、振り返ると乗鞍岳をぐるりと周回したことになる。このコースは小生のお気に入りで、ワインディングロードを十二分に楽しめる。とりわけ信号に出会わないという点では記録モノ、関市武儀町の交差点から上高地分岐交差点まで一般路で約200kmあるのだがその間に信号交差点はわずかに1カ所だけ!! 帰り道ではくねくね達成感いっぱいで、タイヤも隅々まで使い切っている。

雄大な峠は真夏の都会とは比べものにならないほどのさわやかな風が吹いていたが、平湯峠から高山に降りてくると真夏の熱風が待っていた。あとは名古屋まで一目散、高速道路をひた走って帰宅した。





by akane8150 | 2016-08-09 10:36 | Motorcycles | Comments(4)

MT-01 OS 17  ダム巡り( 佐久間・水窪・平岡・矢作)



a0339187_19210911.jpg

肋骨の痛みも分からなくなり、家族を説き伏せつつMT-01で出かけた(^^ゞ。約1ヶ月ぶり、近めで済まそうなんて思って出かけたが、佐久間町の原田橋のその後を見たくなって東へ走った。


a0339187_17383788.jpg
原田橋仮設道路案内

浜松市佐久間町は奥三河と天竜をつなぐ要所にあたる。その要所を支えていた吊り橋が「原田橋」だ。50年以上の酷使により老朽化した吊り橋の掛け替えを始めたが、2015年1月に壁面の崩壊とともに老朽化した原田橋も、さらに掛け替えようとしていた新原田橋も崩落してしまう。他に迂回する橋がなかったために、周辺住民の生活のみならず、観光・商業にもおおきな災いとなった。クルマはもちろん、バイクや自転車、歩行者までも通行できない期間が続いた。近隣の東栄町は原田橋があれば20kmに満たない距離なのに、原田橋が使えないと狭い山道をつかっても80km以上の遠回りとなる。

a0339187_17391189.jpg
原田橋崩落現場

上の写真は斜面が崩落して、新旧の原田橋を落橋した場所で、左に国道473号が見える。橋が架かっていた周辺は険しい山合いにあり、同じ個所に安易に付け替えることは困難であったようだ。そのため、緊急で河川敷に新たにコンクリート道路が作られて、沈下橋をつかって渡河できるようになった。しかし天候や車種に制限があり、いまだに自転車や歩行者は渡ることがでない。1年半以上の間、町内が分断された状況が続いている。

a0339187_17482746.jpg
在りし日の原田橋 (ウイキペディアより)

この橋はとてもレトロなイメージがあって、何度か渡っているが印象に残っている橋だった。老朽化して国も対策を取っていたにもかかわらず、崩落する直前に小規模な土砂崩れがあり、その状況調査に来ていた土木職員2名が原田橋とともに川に転落し命を落としている。


a0339187_17495950.jpg
佐久間ダム

その原田橋のすぐ上流に位置する佐久間ダム。規模も雰囲気も堂々としたダムで戦後の日本復興のシンボルともいえる土木構造物だそうだ。東側の静岡県道288号線は日本屈指の酷道で有名なところ、その対岸は愛知県県道1号線がいくつものトンネルで繫いで走っている。完成当時はこの僻地にたくさんのバスがやってきて一大観光地であった。


a0339187_17511317.jpg
どんどん渕

佐久間の街から狭い谷を駆け上がってゆく県道290号、箱庭のような茶畑や村落が続く大好きな峠道。途中には地元の昔話に因んだ看板が立っている。その一つの「どんどん渕」の言い伝えは以下のようであった。” その昔、亡くなった両親を弔うにも客をもてなす器がなかった農夫は、どんどん渕に住む大蛇にお椀を20組借りることができた。その後村人達が代わる代わる器を借りたのだが、うっかり者が違う器を返してしまったために二度と借りることができなくなったとさ” この類いの伝承は日本にたくさん広まっていて、「椀貸し伝説」といわれている。モノの本によると日本中に広がっている伝承であるが、特に中部、関東に多い。これは木地師の多かった地域と重なっており、山にやってきた木地師たちと地元の村人達との繋がりが「椀」を借りるという伝承につながったともいわれている。日本各地に広がった同じような言い伝え伝説、その起源など調べたら面白いだろうなあ。


a0339187_19192907.jpg
北条峠 静岡県道290号 水窪羽ヶ庄佐久間線

この県道は「二つ杉峠」と「北条峠」の二つからなっている。二つ杉のいわれはそのまま・・・二本の立派な杉があったから。北条は、北条ゆかりの落ち武者がこの峠を抜けていったことによるそうだ。この峠には茶屋があって地元のおばちゃん達がそばを食べさせてくれる。ついつい立ち寄ってしまう心休まる峠の茶屋だ。


a0339187_17514682.jpg
佐久間町奥領家

県道沿いには「山岳集落」といえる集落がある。谷間から山の頂上付近に至るまで家屋が点在し、その標高差は驚くほどで山全体が一つの集落になったかのようだ。中央構造線沿いの街道 (有名なのは日本のマチュピチュ下栗の里)や紀伊半島の十津川あたりでも遭遇する景観だ。なんでこの山奥に、なんであのような高い場所に、などと疑問は次から次へと沸いてくる。ひとつの答えは・・http://www.shurakumachinami.natsu.gs/02system-page/system_sangaku.htm を知ってなるほどと納得。人間の知恵がこのようなすばらしい景観をもたらしている事に感嘆する。しかしこの先は利便性を求めて人の住まいは都市部に集中化し、数十年後の日本の人口分布は今以上に偏っているのではないだろうか。50年後の山々の村落はどうなっているんだろう。


a0339187_17533754.jpg
水窪ダム

草木トンネルが無かった頃、国道152号を北上するには水窪から水窪ダムに向かって林道を迂回するルートしか無かった。今回はその旧ルートを走るために、まずは水窪ダムにやってきた。ロックフィルダムのどでかいスケールに圧倒される。堰堤は車でも走れるのだが、ガードレールなどがなく、トライアルのバイクならその壁面を下まで降りてゆけそうな景観が面白い。この奥の林道はやがて浜松の春野にぬける楽しそうなルートで、いつかセローで走ってみたい。


a0339187_18005574.jpg
草木トンネル 

三遠南信自動車道になるはずであった草木トンネル、2kmちょっとのトンネルは岩盤がもろく難工事となった。人しか通れない青崩峠を抜けるために、草木トンネルを自動車道工事全体よりも先行して着工し完成させた。このおかげで、水窪から兵越峠にいたるルートが短縮されて今に至るわけだが、当初の計画したルートがあまりに危険なために、このトンネルから北に向かう峠越えのルートは取り消されてしまった。そのため高規格なインターチェンジにしようとした広々とした路面がこんな山間部に残されている。当初から十分な地核調査を行っていれば、このような税金の無駄遣いはしないで済んだであろうに。

a0339187_17573380.jpg
兵越峠

水窪から兵越峠までの林道は開けた谷を上がってゆく快走路。適度なカーブと木漏れ日の路面は最高に気分がいい。峠の頂は切り通しとなっていて、この先の長野県側はつづれ折りで一気に高度を下げて山を下る。


a0339187_16390172.jpg
a0339187_17575374.jpg
峠の国盗りと綱引き合戦

年に一度、遠州軍(水窪町)と信州軍(南信濃村)の間で国境を決める綱引きが行われる。それぞれの商工会議所などが中心になったイベントであり、勝った側が国境を相手領地に1m進めるというルールだ。平成27年度第29回大会では遠州軍が勝利したが、現状は本当の県境よりも3m、浜松寄りに標識が立っている。これまで信州軍16勝、遠州軍13勝で信州軍が3つ勝ち越している。29年間の間に信州側に「国境」が立てられたことは無い。きっと遠州の人たちは捲土重来を思っているに違いない(写真は至福の時間さんより)。


a0339187_18051325.jpg
道の駅 遠山郷

深い山を走ってばかりいるとこのような道の駅はホッとする。トイレ休憩とガソリン補給、どっちも気になることで、特にガソリンタンクの少ない愛車では山奥でのガス欠だけは避けたいところだ。このあたりまでくると日陰に入れば、涼しげな風が心地よい。中央構造線の谷間にあって、一息つける場所だ。


a0339187_18045829.jpg
平岡ダム

遠山郷から天竜川本流に戻る。コンクリートダムでがっしりした平岡ダムは下流の佐久間ダムと並んで日本屈指のダムだ。まあここに来たのはダムを見に来たわけじゃなくって、この先のワインディングロードがお目当て。適当なRをえがくカーブが続くダム湖沿いの面白いところで、クルマも少なく気分よく走れる。


a0339187_18150193.jpg
長野県道46号 阿南根羽線

天竜川から売木村まで山間を抜ける一本道。対向車が来ればバイクならなんとかすれ違える狭い路が延々と続く。こけが生えていたり、砂が浮いていたり、落石があったり、見通しもきかないカーブが続くために気が抜けない。リアが滑るくらいならまだマシだが、フロントがずりっとするときにはドッキリ冷や汗もの。特にMT-01でこのような路を走るときに気をつけるのは、緩やかなアクセルコントロールと路面の把握だ。滑りそうなカーブでは、なるべくバイクを立ててパーシャルアクセルでやり過ごす。見通しがよくって路面も大丈夫であれば、しっかりとアクセル開けてのメリハリ走行。。。 でもなんで 吉野では転けたんだろう?? いまだにわからない。


a0339187_18101471.jpg
月瀬の大杉

売木から平谷村を抜けて根羽村に入る。ここにはでっかい杉の木が鎮座する。樹齢1800年ともいわれる月瀬の大杉だ。長野県で最もおっきな木、全国でみても6番目にでかい杉の木だ。幹周りの迫力は半端ない、根尾の薄墨桜と肩を並べるくらいだ。願掛けで「虫歯」が治るといわれるあたりが面白い。虫歯と杉の木、どんなつながりがあるんだろう??


a0339187_18083247.jpg
矢作ダム

愛知県の山間、アーチ式のコンクリートダム。ダム湖周囲のワインディングロードはクルマやバイク、自転車などの集まる場所となっている。カーブは小さく切り返しが多いクネクネ道、したがって初心者がオーバースピードで対向車線に飛び出して事故するなんていうお話が多い。バイクでもクルマでも、このようなクネクネ道では「アウト・イン・アウト」のライン取りで、なるべく先の路面や対向車の状況をつかむことが必要だ。車線の中央をラインとするのが最も融通が利いて安全のマージンも多くなるが、より積極的に車線を一杯に使うことでブラインドの先の出来事に対応しやすくなる。あとは十分なブレーキングの進入とアクセレーションを伴ったコーナリングが安定した速い走りを生み出してくれるだろう。

リハビリ目的で遠山郷まで足を伸ばしたが、振り返るとおっきなダムを4つ巡ってきたことになる。ダムマニアではないが、好きな山奥にはダムが潜んでいることも多く、ダムのうんちくも知りたくなった。



by akane8150 | 2016-08-03 22:43 | Motorcycles | Comments(2)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite