小生の備忘録

akane928.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

RZ250改 4 大井川源流へ 畑薙ダム 白樺荘



a0339187_12004062.jpg
リペア済み、RZ外装一式

 フェンダーステッカーがはがれかけたり、塗装の痛みがひどくなったりで、思い切って信頼している塗装屋さんにリニューアルをお願いした。サイドカバーエンブレムの片方がバチモノだったので、これも苦労して純正のシールを探し出して、貼る位置も1981年当時を再現して拘った。タンクはコーションシールまで綺麗に残っている美品中古が手に入ったので、これを始めすべての外装を磨き上げて補修した後に、厚めのクリアをかけてもらった。できあがりはうっとりするほどの艶と発色で大いに気に入った。

 フロントのインナーチューブの錆びも気になってたんで、チューブ交換とオイルシールの交換をしてフロントサスペンションの整備をした。またリアのモノサスペンションもずっと乗りっぱなしだったんで、オーバーホールに出してみた。1ヶ月ほどで見た目まったくかわんないリアサスが戻ってきて((^_^;)、スイングアームのグリスアップなどなどで気分は一新。

 綺麗になったんで、さっそく走りに行くですよ、ハイ。


a0339187_22120696.jpg
a0339187_10534339.jpg
久保尾辻(362号峠 春野〜川根本町)


 今年はまだ訪れていない静岡方面、しかも寒くなったら行けなくなってしまう山奥を目指す。まずは新東名を使って浜北ICまでワープ走行。トップ6速、6000回転くらいで淡々と走ると、マフラーのカーボンも焼かれて白煙も目立たなくなる。オイル消費は400〜600km/ L、 多いのか少ないのかよく分からないが、焼き付いてしまうことを恐れると濃くってもいいやと思えてくる。でもロングツーリングだと途中でオイルの追加も必要となってくる。途中にヤマハのお店があればいいけど、「スーパーオートルーブ」はどこでも手に入るモノでは無いので、自分はリットル缶を携帯していく。

 天竜から春野と362号を快走、ここはフェアレディZの集まり「DSCC」中部のホームでもあり、よく訪れる場所だ。どんどんと道は高度をあげて、久保尾辻の峠を越えて川根本町の大井川にぶつかる。このあたりはお茶畑がいっぱい、川根のお茶は有名らしい。



a0339187_10541838.jpg
千頭駅 C10-8


 山奥に入る前の最後のおっきな街の千頭にたちよる。この先はGSが心細くなるので、ここで必ず満タンにしてお山に向かうようにしている。千頭駅では丁度大井川鉄道のC10が着いたところだ。小型だけとかっこいいタンク式蒸気機関車のC10はとっても貴重で稼動する最後の個体だそうだ。いつまでも元気に走ってくれるといい。蒸気機関車でやってきた観光客で溢れていた。


a0339187_10544294.jpg
長島ダム


 千頭をこえて入り組んだ渓谷の快走路を走り、トンネルからのヘアピンカーブを降りてゆくと目前に長島ダムが現れる。渓谷の底には公園ができていて、ダム直下の豪快な景色が望める。この手のダムで真下までいけるところって少ないので、珍しい写真が撮れる。もしも、いまこのダムが決壊したら。。。なんて考えないことだ(^^ゞ。


a0339187_10550291.jpg
南アルプスあぷとライン 

 長島ダムを見上げる橋からは、アプト式電車が走る南アルプスあぷとラインが見える。ちょうど見えてるあたりの路面は急勾配となっており、アプト式で電車は上がってゆくあたり。黒部のトロッコ電車を思い出させるちっちゃな電車だ。しかし現在は、災害による不通となっていて、終点の井川までは行けないようだ。


a0339187_10572376.jpg
接岨峡温泉会館


 渓谷にあるわずかな土地に集落がへばりつくように点在する。通りにあるのは「接岨峡温泉会館」、小さな湯船だけどお湯は満々と溢れ、とても綺麗な立ち寄り湯。ひとっ風呂浴びたいところだが、今回はさらに奥を目指していたので、素通り。でもいつか、金谷から大井川鉄道を蒸気機関車でやってきて、このアプト式電車にのって接岨峡温泉で泊まってみたい。周りは自然しかないので、のんびりした旅になるんだろうな〜〜。


a0339187_10555272.jpg
a0339187_10553876.jpg
井川大橋

 さらに県道388号を北上し、永遠に続くのではないかと思えるほどのくねくね1.5車線区間をすぎると井川ダムが現れる。正確には一旦山を下る必要があるのだが、今回はこれもパスしてどんどんと上流を目指す。ダムが出来た頃は景勝地として観光客もやってきたんであろう「井川」の村落を通り過ぎ、湖岸にそって北上すると右手に対岸に渡ることのできる橋が見えてくる。200m以上の長さでクルマ一台がやっと通ることのできる狭い吊り橋。その真ん中で途中で南アルプス方面の写真を撮ってみたけど、クルマが来やしないかドキドキものだ。遠くに南アルプスの片鱗が望める。


a0339187_10562258.jpg
畑薙第1ダム

 大井川の源流を求めて来ると、このあたりが終点となる。このダムから数キロ先でゲートが設けられており、歩行の登山者とその奥の山小屋に行くマイクロバスのみ通行が許される。南アルプスの入山口としてこのルートは使われるようで、静岡駅からこの先の山小屋までの直通バスも季節運行されるようだ。でも、静岡駅からここまでの所要時間が3時間30分!!、ひどく山奥に来たモノだと実感する。村落もなく、ただ静かな湖面があるのみだ。


a0339187_10570288.jpg

a0339187_22164088.jpg
南アルプス赤石温泉白樺荘(宿のHPより)

 この畑薙第1ダムを降りたところに、「南アルプス赤石温泉白樺荘」がぽつんと建っている。今回はここに立ち寄るのも目標のひとつであった。レザースーツの重武装とはいえ、初秋はひたひたと寒く、のんびり浸かることにした。つなぎを脱ぐのは大変だが、お風呂の温かさを思うと厭わなかった。お湯は単純硫黄泉、内風呂からも正面に茶臼岳(2604m)を臨むことが出来るすばらしい温泉だ。おそろしく人里から離れているんだけど、静岡市の市立施設で、かつ普通にいろんなメニューで食事も出来るし、宿泊も年中無休ってのが、すごい。


a0339187_10574942.jpg
自宅前のキンモクセイ 


 白樺荘でゆったりとお湯に浸かるのはいいのだけれど、家まで帰んなきゃならないわけで。。。 つるべ落としと言われるくらい日没が早い秋の季節、自宅までの250kmは考えると辛いこと。来た道を西日に向かって淡々と走った。日没前に自宅に帰還。自宅前のキンモクセイの香りを聞きながらバイクの洗車をしてこの日のツーリングは終了(^^)。

おまけ
 実は出発前にタンクの端から微細なガソリン漏れを発見(°0°)。綺麗に塗色したタンクからピンホールが開いているようで、愕然とした。手に入れた中古タンクは、どうやら腐食で傷んでいたようだ。悲しいけどもう使えない(T_T)。このタンクはオブジェとして部屋にでも飾ろうかと。。。結局、もとのタンクにもどして出かけていた(>_<)。

 足回りの整備はやった甲斐があるようで、接岨峡の狭いクネクネ道や高速のコーナーもしなやかにリアが動いてくれて、突然の段差にも底付きをすることも無かった。ながーく乗ってると乗り味の劣化も気がつきにくいが、今回のリアサスOHは「やった感」ありありで良かった(^^)。




by akane8150 | 2016-11-22 11:34 | Motorcycles | Comments(7)

Team TOKOTOKO 2 CUB CUP 最終戦 2016



 土砂降りの中で行われた8月に続いて、今季最終戦のCUB CUPに懲りもせず参加してきた。会場の富士スピードウエイの開門が朝の7時半でブリーフィングが9時からとあっては、今回も前夜から現地入りして準備した。カブはメンテしてくれているM氏がバンに積んで来てくれるので、自分は自身の装備とテント一式をクルマに積んで土曜の仕事明けで新東名を東に向かった。

a0339187_21194434.jpg

 御殿場周囲のビジネスホテルはなぜかいつも一杯で予約が取れず、沼津IC近くの宿になった。天気は見てのとおりの快晴で北側が冠雪した富士山がびしっと見えた。

 思い出せばここでF1が行われた2007年の「地獄絵図」がリアルによみがえる。あの日、決勝を見るために沼津ICの駐車場にクルマを止めシャトルバスに乗り込んだものの、サーキット手前で大渋滞となり歩いてサーキット入り。極めつけはレース終了後のバスが全然やってこなくって、雨の中を難民のように5時間さまよった「地獄絵図」だった。訴訟も幾つか起きたはずだが、きっとサーキット側がすべて負けたんだろうな。あれから鈴鹿を始め、レース観戦などのビックイベントには行かなくなった(トラウマ??)。 
 世界のトヨタらしからぬ運営だったと思う。応援していたパナソニックトヨタも全然成績良くなかったし、踏んだり蹴ったりのF1グランプリ観戦だった。



a0339187_18142867.jpg

 初参加の前回はタイヤをハイグリップのダンロップTT900に代えたくらいだったため、周りの同クラスのカブに全くついて行けなかった。特に大雨の中のリアタイアは全く踏ん張らず、ちょっとでもコーナーで倒すと簡単にスリップした。それら反省を踏まえ、リアタイアのグリップを上げるために、リアサスペンションを社外品に交換。また幾つかのパーツを奢ったが、現地でマフラーは交換できないことが判明し急遽ノーマルマフラーに戻す作業が必要だった(N氏がちゃんとノーマルも積んでおいてくれて助かった)。


a0339187_18170725.png

 練習、予選走行の後に、いよいよ3時間耐久レースが快晴のもとで始まった。予選の成績はクラス11番/12台、スタートはルマン式だった。ここはファーストライダーのM氏の出番だ。ローリングスタートと違って耐久レースぽくってかっこいいな〜。ばかに速い先頭集団に迷惑にならないよう、のんびり安全にスタート。


a0339187_18421133.jpg

 M氏は体格がいいので非力のカブには辛いところ。なのでコーナースピード上げたマフラー擦り擦りの激走(^_^)。ニーパッドを削るぐらいだから思い切りのいい走りだった。開始早々に自称、「宙返り」という大クラッシュで脳しんとう??を乗り越えて走りきったのはナイスガッツ。ハンドルのセンターがずれてステップも曲がったけど、走る分には全然問題なし。


a0339187_18445119.jpg
a0339187_18420084.jpg

 小生は第2ライダーでカブを受け取った。丸見えの富士山のもと、晴天のドライコンディションで走るのは気分のいいものだ。前回はグリップが無かったので倒せなかったが、ドライではTT900もしっかりとグリップしてくれ、リアサスもノーマルとは比較にならないくらいちゃんと動いてくれた。前回の我がチームのベストラップが50.9秒、今回は41秒と条件が違うとはいえ、大幅なタイムアップができた。


a0339187_18432588.jpg

 もっとも軽量で直線スピードも乗っていたY氏。この御仁はVmam1200で先日痛い目にあっていながらも、みじんも感じさせない吹っ切れた走りをしていた。ライダーの体重差20kgは大げさかもしれないが、目に見えてスピードの伸びが違っている。軽量化に勝るものはないってことだ。前回に続いてタイムキーパーとカメラワークの助っ人を引き連れての参戦、チームには欠かせないメンバーとなっている。


a0339187_18435988.jpg
a0339187_18525441.jpg

    
 午前10時50分スタートで3時間後に無事に完走することができた。245周走って最終成績は10位/13台 、10位ってのだけ見てしまうと寂しいが、決勝の成績表を見ると上位のチームとそんなに大きな差が無かったことが分かる。あと5周余分に走っていれば、6位入賞も視野に入るところだった。



a0339187_18425275.jpg

もっと速くなるには・・・
 小生は最終コーナーでマフラーが擦り、そのままリアタイアのグリップを失って一度転倒をきしている。なので、マフラーのマウントをいじってバンク角をかせぐ必要がある。またエンジンの改造はなしのはずだが、他チームはどう見ても大きなインマニがついているようでよりパワーが出ているのではないか。排気量も60ccまで許されるので、図抜けて速いマシンはボアアップなどもされているだろう。
選手交代も課題で、今回はピットストップ 9回おこなったが、上位のチームは最少4回でこなしていた。この差は大きくタイムにつながっており、交代を減らした作戦も必要であろう。

 ちょっとでも速くなるとだんだんと欲が出てくるもんだ。3人のタイム差はほとんど無くって、非常にバランスのいいTeam。来シーズンはぜひ入賞を果たしたいし、まさかの表彰台も取れたらなあ!!


a0339187_18140673.jpg

 小春日和の中で一日たっぷりとバイクを楽しんだ。前回の大雨と比べたら、月とスッポン。3時間はあっという間に過ぎて、重いつなぎを脱いでテント撤収などの後片付けを終えて帰路についた。しかし変化の乏しい新東名は運転の辛いこと限りなし、自宅までの250kmを3時間かかって耐久レースの続きのようにして帰った。






by akane8150 | 2016-11-10 18:42 | Motorcycles | Comments(5)

Z33 ロードスター 7 伊吹山ドライブウェイ



 紅葉を楽しもうと、MT-01で中央構造線R152号へ向かった。しかし、佐久間ダムから水窪までいったところで、ガソリンスタンドにありつけず。。。 残り40kmほどの走行しかできない状況でヒョー越峠へ向かう勇気はなかった。頼りにしているガソリンスタンドが日曜となるとことごとくお休みとなっていた。山間部のみなさんは日曜に給油はしないのかなあ、どうなんだろ。



a0339187_08382496.jpg

伊吹山ドライブウェイ ゲート


 そんなしょぼい企画倒れに終わったリベンジで、紅葉を満喫しに伊吹山を登ってきた。・・・登ったというのは語弊があるな〜〜 9合目までクルマで上がっちゃうから。

 関ヶ原ICからちょいと走れば伊吹山ドライブウェイのゲートが現れる。通行料金は普通車3090円!!、総延長17km、9合目1260mまで全面追い越し禁止、カリカリ飛ばさずに景色を楽しみながら登る観光道路だ。




a0339187_08385299.jpg
伊吹山 南壁


 南斜面をどんどんと上がってゆくと正面に伊吹山がみえてくる。名古屋の街から望むことのできるおっきなお山は恵那山、御嶽山、そしてこの伊吹山だ。日本海からの強い北西の風が名古屋に冬をもたらすが、これを「伊吹おろし」と名古屋人は呼んでいる。阪神タイガーズの「六甲おろし」が応援歌の題名とは知ってるけど、六甲山から吹き下ろす季節風のことなのかなあ?? ちょっとググって見たけど分からなかった。


a0339187_08393953.jpg
a0339187_08400646.jpg
Z33 ロードスター H17

 手袋はめて、シートヒーターと足下ヒーターをいれれば、真冬でも全然オープンはありだ。この日も気温10度を下回っていたが、快適に山頂をめざすことができる。まあ、くそ寒いバイクに比べたらカブリオレなんて天国に思える。

 秋の午後の日差しに輝くサンセットオレンジメタリック。磨いてやってきたわけでは無いけど、よごれが目立ちにくくていいわ〜〜。ガラスコーティングを6年前くらいにやっただけで、あとは月一回くらいの手洗い洗車だけで済ませてきた。細かく見ればボロだらけだが、10年選手にもなったんだからこんなもんでしょ。



a0339187_08404998.jpg
スカイテラス駐車場

 平日だったので9合目終点の駐車場も全然空いていた。これがピーク時の休日となると蛇の列となって駐車場まで3,4時間かかるとんでもない渋滞となる。ここから頂上までの1合はがんばって歩くことになる。登りは3ルートあって、ゆったりコースで40分、お急ぎコースで20分だそうだ。大きめの小石が引き詰めたところと階段状になったところとあり、スニーカーくらいは履いていきたいところ。この時期は風も冷たいのでウインドブレーカーの類いは着た方がいいだろう。


a0339187_08411616.jpg
中央登山道コース

お急ぎコースの中央登山道は、こんな感じ。・・・ 先を見ると辛くなるから、足下みて淡々と登るべし。この日はとても空いていたが、土日は登る人たちも渋滞ぎみとなる。


a0339187_08415785.jpg
伊吹山山頂 山小屋


 このあたりで元スキー場からの上がっている伊吹山登山道と合流する。麓から下から上がってきた若者に聞くと「のんびり2時間、走ったら1時間」って返事が返ってきた。この若者には勝てないけど、いつか1合目からまじめに登ってみたい。山頂にはこの時期であれば生ビールも飲める茶屋がいくつかやっている。写真の小屋は伊吹山寺の分院で夏だけ開いてるようだ。隣には白いイノシシの像が祭られている。




a0339187_17021616.jpg
日本武尊(ヤマトタケル) 山頂1377m

 このイノシシ像と東方征伐で命を落とすヤマトタケルとは深い関わりがあった。帝の命を受けて征伐の旅の中、ヤマトタケルは名古屋の嫁さんに大切な「草薙の剣」を預けたまま、素手で伊吹山の神と対決に向かう。山中で白いイノシシに出会うが伊吹山の神の化身と知らずにやり過ごしてしまう。その後、山の神の大氷雨にあって4合目あたりでヤマトタケルは遭難し、やがて三重の亀山で死んでしまう。草薙の剣さえあれば無事に征伐して帰還できたかもしれないが、その剣が三種の神器となって熱田神宮に祭られているのも興味深い。

a0339187_08434858.jpg
山頂から彦根方面 

a0339187_08440647.jpg
山頂から西方面パノラマ

a0339187_08450322.jpg
山頂から北方面パノラマ

 名古屋からはお山の姿が見えたのに、山頂からは名古屋方面は霞んでよく見えなかった。代わりに近くの町並みや琵琶湖、北に控える山々がくっきりときれいに見えた。伊吹山のふもと走る東海道新幹線はまるで鉄道模型のようで、時速200km以上のスピードもおもちゃくらいに遅く感じた。


a0339187_23374799.jpg
イヌワシ狙い(CHIEN QUEUEさんより)


 沢山のアマチュアカメラマンが山頂近くの道路沿いにシャッターチャンスを狙って待機している姿に出会う。一人の方とお話ができてその訳がわかった。季節の渡り鳥などを狙ってるのかと思いきや、ここを縄張りとする「イヌワシ」を撮るために来ているそうな。いつもはえさを探して飛ぶ姿が見られるのだが、この日のイヌワシ夫婦は鹿肉にありつけたようでまったく姿を見せてくれないと諦めていた。

 山を下りたら、お昼どき。ふもとの養老町内は焼肉街道と呼ばれるほど焼肉屋さんが多いところ、自分も牛肉をいただいて帰還した。








by akane8150 | 2016-11-06 00:22 | Cars | Comments(8)
line

Golf Bike Cars and Beer


by akane8150
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite