小生の備忘録

akane928.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Jeep グランドチェロキー Limited 2  白川郷 平湯温泉



a0339187_21383947.jpg

 休みが作れたので、さくっとお出かけ先を考えた。雪を避けてバイクの伊豆半島などいいな〜と思ったんだが、折からの寒波で愛知も雪が降るらしい、、、バイクは断念(>o<)。クルマで行くなら雪があってもへっちゃら、お山の温泉に行くことにした。おやじひとり旅、バックに着替えを詰めて出発〜〜。



a0339187_12282009.jpg
白川郷(荻町城跡展望台から)

a0339187_12282226.jpg
天生カツラ街道

 名古屋から東海北陸自動車道をひたすら北上。郡上から北はチェーン規制がかかり白鳥あたりからは周囲も雪景色、名古屋から2時間半で白川郷に到着。市街地から天生峠にむかう山道に入り、白川郷を見下ろせる定番のスポット(荻町城跡展望台)に向かった。前夜は吹雪いたようで樹木には雪が積もり、雲の切れ間からの日差しにキラキラと輝いていた。雪に埋もれた合掌造りの家々がジオラマのような冬景色をみせていた。


a0339187_12320332.jpg
a0339187_12282690.jpg
白川郷  忠兵衛

 白川郷集落の通りは観光バスでやってきた観光客で溢れている。驚くことにそのほとんどが海外からのお客さんで、とりわけアジアの人たちが占めている。雪が珍しいようで、触れたり写真を撮ったりととても楽しそうだった。お昼は合掌造りの食事処でおそばを頂いた。このお店はちょっと離れた場所にあるため、「自撮り軍団」の影響は無くて静かに過ごせた。いろりがしつらえた合掌造りのお店はどっしりとしてなかなか居心地が良い。


a0339187_12345792.jpg
小鳥峠

 清見ICで高速を下り、国道158号線で高山に向かう。バイクなら快走できる小鳥峠を越えてゆくが、峠は雪に覆われて夏の景色が思い出せないほどだ。主要道路なんだけど、雪の静けさと相まって人気を感じさせない寂しさ。便利で無料開放されている「高山清見道路」よりも小生は旧道の小鳥峠が好きだ。


a0339187_12284041.jpg
飛騨国府町 安国寺


 安国寺は飛騨国府から上宝村へ抜ける県道76号線にある臨済宗のお寺。経蔵内にある経本(木版一切経)を納めた八角形の輪蔵は回転式のものとしては日本最古のもので、日本の数少ない国宝経蔵(法隆寺経蔵、唐招提寺経蔵、安国寺経蔵)のひとつだそうな。輪蔵をくるくると回すとお経を読んだと同じ御利益があるとされ、この日も拝観しようと思ったけどひとり旅に案内して頂くのは控えさせてもらった。今度バイクで来たときにぜひ立ち寄って拝観しよう。


a0339187_12284915.jpg
新穂高ロープウエイ


 新穂高のどん詰まりにあるロープーウエイ乗り場。この手前には水明館 佳留萱山荘や山のホテルなど良いお宿が連なっている。新しくトンネルもできて土砂崩れなどによる陸の孤島なる危険性も減った。ロープーウエイを上がった先には新穂高ロープウェイスキー場があった。10年ほど前に閉鎖しちゃったけど、アルプスの穂高岳から続く稜線にあって、恐ろしいくらい豪快な山岳ゲレンデだった。膝まであるような新雪の中を細い稜線から外れないように滑ってゆく(落ちてゆくとした方が正解)わけで、もしも沢に向かって落ちてしまったら、板はもちろん失って命も危ないくらいのスリルがあった。スキーにはまっていた時期でも、ここに来るのには気合いが必要だった覚えがある。ゲレンデが無くなって近隣の中尾高原などの温泉宿もめっきり寂れてしまった。


a0339187_12521163.jpg
a0339187_12522585.jpg
新穂高温泉 中崎山荘 奥飛騨の湯

 ロープーウエイ乗り場の近くにある立ち寄り湯、中崎山荘。お湯は青みのかかった硫黄泉でとうとうと湯船から溢れて、とても贅沢なお湯だ。源泉が熱すぎるために、露天では源泉を竹の枝に流して自然冷却していた。地下水や川の水を混ぜてしまっては源泉掛け流しじゃなくなって熱すぎるのも困ったモノなのだ。


a0339187_12370877.jpg
a0339187_12525143.png
平湯温泉 岡田旅館

 名古屋からいろいろ見て回って、6時間とちょっとで今晩のお宿、平湯温泉の岡田旅館に到着。ここはリピートしていて、直前予約のひとり旅であったが、幸いにもOKだった。平湯温泉は標高1300mちかい高所にあって、信州に抜ける旧平湯峠の入り口にある歴史のある温泉だ。お湯はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で土類系の湯の華が舞う無臭のお湯、近隣の新穂高や白骨の硫黄泉とは異にしている。

 平日であったので個人客が10組ほど、観光バスが1台の静かな客入りだったのだが・・・。
チャイナから来ている家族連れの数組、コリアからきた団体さんにはとにかく閉口してしまった。脱衣場、湯船などの散らかしっぱなし・・・タオルはもちろんバスタオルまで湯船に入れてしまう・・・湯上がり場所で、飲食持ち寄っての大宴会・・・脱衣場でスマホ写真を撮る親子・・・
 この日のお客は日本人よりも海外旅行客のほうが多かったので余計に目が付いたのかもしれないが、海外旅行客を誘致に必死な観光地では同じような光景になっているんだろう。女中さんに聞くと団体客はもちろん、最近は宿のHPから直接予約を取ってやってくるプライベートが多いそうな。なので宿の側も研修生と名を付けて、中国人や韓国人を職員として常駐させている。国内の観光地が海外旅行客のおかげで潤うことは悪くないと思うのだが、お互いに共存できるようなマナーの指導には力をさいてほしいと思うばかりだ。このような状況が続くと、宿は大事な日本人リピーターを失うことになるだろう。


a0339187_12295088.jpg
a0339187_12290281.jpg
平湯温泉 バスターミナル

 翌朝は夜間に積もった雪をはらって出発、気温計が-10度を示していた。山合いの窪地にある平湯はこのあたりでも積雪の多いところで、国道沿いでも車高を越えるくらいの雪の壁となっている。バイクで来る時期は涼しくって爽快な平湯だけども、冬になると過酷な環境であって住む人も大変だろう。

a0339187_12591315.jpg
奈川渡ダム

 国道158号線を松本に向かって下りてくると奈川渡ダム、ここを右に折れて木曽薮原に向かった。土曜なのでゲレンデに向かうクルマたちとすれ違う。町から来るクルマたちはどれもピカピカ、山から下りてくるこちらは泥だらけ、雪だるまとなってつららまで垂れ下がっている。


a0339187_12281094.jpg
a0339187_12283453.jpg
伊那 青い塔 ロースカツ丼


 薮原から国道19線で名古屋に向かわず、権兵衛トンネルを抜けて伊那に出た。旅館に泊まった翌日はなぜだか洋食や麺類が食べたくなるものだ。カツ丼が食いたくなってわざわざ遠回りして伊那の「ソースカツ丼」の発祥と言われる「青い塔」に寄った。土曜のお昼であったので開店11時前にはお店の前で行列、自分も列に加わってどうにか席に着くことができた。
基本の「ロースカツ丼」を注文、ほどなくどーんと運ばれてきた。

 結論を先に言えば、まずまず美味しかった。美味しい伊那ソースがかかったカリカリの衣にジューシーな分厚いお肉、ってなフレーズなんだろう。ただしカリカリの衣は行き過ぎると奥歯に悪い「カチカチ」となるわけで。。。歯医者通い中の小生にとってはちょっと辛いモノがあった。地元の高齢者も家族連れでたくさん来ており、なるほど地元で愛されているメニューなんだと実感した。




a0339187_12594058.jpg
a0339187_12585309.jpg
天龍村 天龍温泉 おきよめの湯


 伊那から南に進み飯田から天竜峡を抜け、国道151号で天龍村に入る。このあたりは信州と遠州、三河の境となっている山深いところ、バイクツーリングで気になっていた天龍温泉を初体験してきた。バイクだと立ち寄ってお風呂に入ることができない、なぜってブーツを脱いだりツナギを脱いだりと面倒すぎるから。なので今回はゆっくりとアルカリ単純泉のヌルヌルお湯を堪能させて頂いた。お湯はたっぷりと掛け流しで期待以上のよいお湯だった。
 

a0339187_12583507.jpg
長野県 平谷峠


 天龍村から名古屋までは、売木、平谷、稲武といつものお山ルートを選んだ。夏のシーズンにはバイクで溢れているこのルートも雪に閉ざされて地元の軽トラが走り回るばかりだ。この日は愛知の平野部も雪が降るとの情報だったが、売木村や平谷村あたりも積雪が多かった。ここの雪が溶けるようになるには、3月以降の春を待たないといけないだろう。

 グランドチェロキーも我が家に来て2年が過ぎようとしている。3.6Lのエンジンに8速ATの組み合わせはかったるさを感じさせないし、エアサスと相まって静かで乗り心地のいいクルマだ。下りの山道もパドルシフトで適切なエンジンブレーキも期待できる。この旅では600km以上走行したが、トータルの燃費が9.8km/L であった。2tを越える車重とレギュラーガソリンでOKなところを加味するとまずまずの燃費だろう。
 しかし、使う気を起こさせない出来の悪いナビゲーションシステム、スイッチがいっぱいで使い勝手の悪いサンルーフやエアコンコントロールパネルなどなど、以前乗っていたキャデラックと似た "アメ車らしい" 不出来具合も残っている。雪道での安定性もエスティマGの方が優れていたような気がする。グランドチェロキーの幅広いタイヤも影響してるのだが、轍にハンドルを取られやすく、フロントタイヤのグリップ感も少ない印象だ。

 さてさて2月も中旬、あと1ヶ月もすればバイクに乗れる時期が来るだろう。タイヤ交換やバッテリーチェックなど、そろそろ身支度を調えないと。




by akane8150 | 2017-02-13 17:55 | Cars | Comments(6)

最近、美味しく頂いたモノ



 お出かけ先で食べるご飯は、楽しみ。お気に入りを狙って食べに行くことも、出たとこ勝負で飛び込み挑戦するのも楽しい。このところで美味しかったモノをちょいとアップしてみた。


a0339187_12245851.jpg
豊橋カレーうどん 玉川うどん広小路本店


 名古屋に住んでいても豊橋を訪れることはなかなかないだろう。「うどん」がもともと親しまれていた豊橋の町おこしとして、企画された「豊橋カレーうどん」。未体験なので食べログで一番最初にあった「玉川うどん広小路本店」にやってきた。
豊橋カレーうどんを名乗るためのルールとしては、「自家製麺」、「器の底から、ご飯、とろろ、カレーうどんの順に盛る。」、「日本一の生産量の豊橋産のうずら卵を具に使う」、「福神漬け、壺漬け、紅ショウガを添える」、「愛情を込める」だそうな。

 うどんなのにその底にととろご飯を入れてしまう発想が面白い。麺を頂いた後で、底のご飯を平らげると丼一杯、まるっと食べちゃうことになる。豊橋名産のちくわ天ぷらと豊川名物のいなり寿司の組み合わせ、美味しかった。




a0339187_12250185.jpg
松阪牛 「まるよし鍋」 松阪まるよし鎌田本店


 名古屋から車で1時間、三重の松阪は松阪牛で有名な所。ここもなかなか訪れることの無い町だ。松阪牛が食べたくなって、ついでに松阪城や松阪商人の町並みを観光しながらやってきた。松阪牛といえば、「和田金」や「牛銀」が名を知られているが、ランチで頂くにはお値段が張りすぎる。気張らなくて使える「まるよし」ののれんをくぐった。ステーキやすき焼き、網焼きが王道のメニューだが、ここの名物「まるよし鍋」をチョイスした。松阪牛のモモ・バラ肉を使い、味付けをすき焼風味に仕上げた牛鍋だ。これをすき焼き同様に生卵で頂く。しっかりとしたお味に柔らかいお肉、ご飯がどんどん進んでしまう(^^)。4000円ちょっとのプライスでお得な松阪牛を楽しむことができる。


a0339187_12245649.jpg
錦3丁目 いば昇


 うなぎ丼はお店によって焼き方やタレに違いがあって、ひとそれぞれの好みに分かれよう。蒲焼きにはそのまま焼き上げる関西風と蒸す工程の入った関東風がある。その地域の境界は愛知県岡崎といわれ、名古屋のこのお店は関西風の蒲焼きだ。100年続くこのお店は、幼い頃から親父に連れてきてもらった覚えがある。カリッと焼き上がったうなぎに甘めのタレが小生の舌にあっていて、うなぎが食べたくなったらこのお店に足を運ぶ。「並」が2050円、ご飯の中にふた切れ追加してある「上」が3000円、まあ値段はそんなものだろう。

 「いば昇 本店」というのが、同じ名古屋栄にある。もともと暖簾分けの親店のようだが、味付けや雰囲気はまったく違うお店と思った方がよいだろう。



a0339187_15094911.jpg
京都 下鴨茶寮

 下鴨神社の南にある古くからの料理屋さん。京都らしい静かさともてなしを感じるしつらえが素晴らしい。和食の美味しさをうんちくするほどの知識も経験もないのだが、その色合いと季節感、味覚はとても洗練されているくらいは分かる。若かりし頃、ここで初めて舞妓さんのお座敷を経験したこともあって、自分の中では贔屓に感じ京都に来たときには寄ってみたいお店となった。


a0339187_12245415.jpg
京都祇園  鍵善良房


 八坂神社から歩いてほどなく、江戸時代から続く京菓子のお店。鮮やかな和菓子を扱う店舗の奥に、喫茶部があって京都らしい「くずきり」を頂く。立派な塗りのお椀に、透き通った大粒の氷にくずきりが盛りつけられている。「黒蜜」と「白蜜」の選択を迫られるのだが、ついついアッサリした「白密」を選んでしまう。人気は「黒蜜」だそうな。。。 冷たくってつるっとした食感と上品な甘さがとても印象に残る。人気のお店のために、土日には行列に並ぶ覚悟が必要だ。

 食べ物を取り上げた文章を書いていると、美味しさを思い出して空腹に襲われる(^^)。出かけた先で美味しいモノに出会うと、その場所はリピート先になろう。

 今週末は泊まりの休みが取れそう、家でごろごろしていないで久しぶりにでもバイクで一泊ツーリングを画策中。 冬型の気圧配置で太平洋側も雪が降るかもという天気予報だが、静岡・伊豆方面は晴れマーク!! 菜の花にはまだ早いけど、河津桜は良いんじゃないかなあ。



by akane8150 | 2017-02-08 17:40 | Life | Comments(0)

甥っ子の結婚式  熱田神宮



 小生の妹、その長男が結婚することと相成った。親族でただひとりの男の子なので、小生も小さい頃から可愛がってきた甥っ子だ。彼が我が家に遊びに来ると、帰りのお土産として押し入れの中から秘蔵のプラモデルを持たせてやるのが常だった。

 その子も勤めて3年目、社内で「金のわらじを履いて」ご縁のできた女性を射止めたのだ。二人して挨拶に来て、結婚式ではカメラマンをお願いしたいと依頼があった。。。。分かりました! はりきりまっせ〜〜


a0339187_15032022.jpg
熱田神宮

 結婚式は熱田神宮。名古屋の熱田神宮は「あつたさん」として近隣からは慕われている。三種の神器の一つ草薙神剣が祭られた熱田さんは、伊勢神宮に次ぐお宮さんとして格付けされている。小生の通った小学校が隣接していて、通学路でこの境内を貫き、毎日玉砂利を歩いた。なので、小生にとっても熱田さんは最も親しみのあるお宮さんだ。


a0339187_15040304.png

 熱田さんでの結婚式は、とにもかくにも目立つもの。境内にある神宮会館で準備を整えた上で、参道を神職・巫子の先導で本殿に向かう。大勢の参拝者に混じって、境内を歩く姿は素敵であるし目を引くもの。



a0339187_15062331.jpg


 本殿前の一般参拝の奥、本殿目前の御垣内に入って、お祓いを受ける。日頃この中には入ることができないから、とても厳かな気分。



a0339187_15043000.jpg
「祈祷殿」の「長床」

a0339187_17394946.jpg
大前挙式 (社のHPより)

                                              

 続いて、本宮大前の西に建つ「祈祷殿」、その一画に造られた「長床」での挙式は、大前の尊い場所で厳かに進められた。斎主、典儀、雅楽を演奏する伶人や「みつるぎ」の舞を奉納する巫子などしっかりとした儀式だ。この挙式場は本殿に参拝する人たちからは「丸見え」、友人なども祈祷殿の横に椅子がしつらてあって挙式に参加することができる。せっかくの晴れの舞台だから、大勢の人に祝ってもらうのも良いことだ。


          


a0339187_15044985.png
披露宴 河文


 披露宴は場所を変えて名古屋老舗の料理屋さんで執り行われた。和風が好きなお二人なので、披露宴でも衣装替えは和服のみ。職場結婚なので披露宴は和気藹々とした素敵な雰囲気であった。ぜひ、末永くすばらしい家族となることを願うばかりだ。小生が年老いた暁には、この夫婦にもお世話になるやもしれない(^^ゞ。


 正月明けからは、雪が降ったりとばったりとバイクは冬眠状態。凍結や積雪で岐阜や長野はもちろん、愛知や三重、滋賀の山道もバイクでは行けない。せいぜい、クルマで立ち寄り温泉や食材の海産物なども求めてのドライブが精一杯だ。お山に走りにいける春が待ち遠しい。





by akane8150 | 2017-02-02 18:08 | Life | Comments(2)
line

Golf Bike Cars and Beer


by akane8150
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite