小生の備忘録

akane928.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

GL1200サイドカー 9 紀伊半島縦走 渡利カキ



a0339187_22120594.jpg
a0339187_22224645.jpg
 ようやく修理に一区切りついたGLばあさんが帰ってきた。エンジンは至極よくなったらしい、だったら走りに行きましょう。天気予報では最高気温12℃、いいじゃないですか! 広範囲で天気は安定しているようなので、今年お初の紀伊半島縦走と尾鷲の「牡蠣」が目当て。お日様もしっかり上がっていい感じ、厚着の装備が大げさなくらい。

a0339187_22121872.jpg
針TRS

 名古屋高速、東名阪、名阪国道と乗り継いで1時間半で針TRSまでやってきた。名阪国道は相変わらず長距離トラックが魚の群れのように流れていて、ペースメーカーになりそうなクルマを見つけてコバンザメのように一定速度で走る。針テラスのバイクエリアの台数はまだまだ少ない。1週ごとに暖かくなってきているのを実感するので、3月に入ればここも沢山のバイクがやってくるだろう。

a0339187_09065755.jpg
川上村 小倉橋

 針から国道369号、道の駅大宇陀をやり過ごし先を急ぐ。国道370号にはいるとぐっと交通量が減ってペースが上がる。吉野川に沿った県道262号は細い道だけど集落が連なっていい雰囲気の区間。途中に出会う小倉橋はピンクの鉄橋で味わいある歴史遺産。

a0339187_22123089.jpg
道の駅 杉の湯川上

 吉野川の上流を縫ってゆく国道169号は整備された道でとても走りやすい。トンネルが沢山出来るまでは蛇行する川沿いの険しい道だった。大規模な崩落跡を過ぎると、距離的に休憩したくなる道の駅に到着。朝から何も食べていないので、肉そばを食べて腹ごしらえ。特に美味しいわけでもないのだけれど、ここを通るときはいつも食べてるような気がする。。。

a0339187_22123991.jpg
川上村 白屋橋

 大滝ダム湖が大きく蛇行する景観の素晴らしいところに一際目立つ綺麗な橋。快走できる区間だからついついバイクを止めることがなかったが、今回はハザードをだして写真を1枚パチリ。美しい橋なので調べてみたら、土木建築のなんたら賞を受けていた立派なモノだった。

a0339187_22124832.jpg
大台ヶ原ドライブウエイ

 国道には雪の気配はまったくないけど、大台ヶ原に向かう県道は雪と氷で閉ざされている。ゴールデンウイーク近くまで、冬期間閉鎖中だ。この先の山間には奈良県には珍しい「和佐又山スキー場」があるようで、興味をもった。なんとリフトやケーブルなどのない「自然なスキー場」のようで、子供づれのそり遊びくらいには最適のようだ。

a0339187_09065420.jpg
道の駅 吉野路上北山

 分水嶺を越えて路は下りになり最初の集落が上北山村でここでひと息休憩する。川の向こう側には立ち寄りの上北山温泉 薬師湯がある。アルカリ泉で評判いいらしいけど、これまで一度も使ったことが無い。クルマできているのなら多分寄り道するだろう。温まったらさぞかし気分いいだろうけど、冬のバイク装備では脱いでまた着るって考えると面倒くさくって。。。

a0339187_09425998.jpg
佐田坂

 さらに南下して、入ってみようかと思いながらも未体験の「きなりの湯」などを素通り。。人里に下りてきた頃に基幹道路国道42号線に合流するともう少しで海が見える。海沿いの大泊まで最後の難関、「佐田坂」が待ち受けている。整備された国道を約10kmの行程で300mの落差を下りて海岸線に向かうワインディング、バイクならとても楽しいはずがサイドカーとなると話が違ってくる。

 50~60kmの中速でカーブの続く下り坂は、側車側へのカーブ(左カーブ)が曲がりきれなくってオーバーランしやすくって、さらにハンドルを切るといとも簡単に側車が浮いて2輪走行になる恐怖と向き合うことになる。右ステップから足が外れるくらい体幹をぐいっと左にかけて遠心力に逆らって、ハンドルをしっかりきってゆく。それでもカーブの後半では側車が浮いてくるからさらに体を左に投げ出すかアクセルを緩めるしか手段が無い。

 カーブに入ってしまうとやれることは限られてしまうので、兎にも角にも安全に回りきれるスピードに減速しておくことが必要。サイドカーショップのおやじさんは「上手に乗れる人はソロバイクより速くカーブを抜けてゆくよ」なんて言うけど、これは側車に人が乗って体重移動を上手にしてくれる場合に限られ、ソロの場合にはそうはいかない。


a0339187_22130081.jpg
南紀 熊野

 交通量が少なかったのでクルマに後ろから煽られることもなく大泊まで降りてこられた。名古屋を9時に出発して熊野市についたのが14時、走行距離250km、ガソリン満タンにしたら15Lほど飲み込んだ。亀山からは名阪国道、そのあとは山沿いの一般道路であったので、これくらいの時間はかかってしまう。
 寒い吉野の山奥から南紀熊野に降りてくると南国紀伊半島の暖かさを実感する。海沿いの国道を流していると未だ晩冬であることを忘れてしまうくらい日差しがぬるい。走っていて「おやっ」とまわりを見渡すと、しだれ梅が数本見事なピンクの花を咲かせていて「梅の香り」をまきちらしていた。


a0339187_23474689.jpg
新鹿海岸

 天気もいいから海の景色に期待して新鹿の海岸に立ち寄ってみた。大好きないつもの駐車場にとめて、三脚をたてて写真をとる。季節外れの時ばかりきているので、今年こそは夏真っ盛りの新鹿の海岸でビールを飲んでみたい。

a0339187_22141433.jpg
尾鷲 お魚いちば おとと

 日が傾き始めた頃に最終目的地の尾鷲に着く。牡蠣が店頭に並んでいるか前日に電話問い合わせしてあったので品切を心配することはなかった。平日にもかかわらず店内は観光客で賑わっている。近くの白石湖の名産、「渡利カキ」と酒の当て用にイカの一夜干しと干物を購入。「マンボウ」の具材もこのあたりの特産だけど、食わず嫌い いまだマンボウを食したことはない。

a0339187_20271407.jpg
家に帰って、さっそく牡蠣のムキ作業にとりかかる。焼きガキも捨てがたいが、やはり新鮮な生牡蠣で頂くのが美味しい。ガソリン代、高速代を含めると決してお値打ちな食材になっていかいけど、ツーリング先をめざすモチベーションになるし、何より家族が喜ぶ姿が楽しい。

a0339187_08420792.jpg
劣化して割れたイグニッションコイル

 ジェネレーターの交換に始まり、タイミングベルト・燃料ポンプ・イグニッションコイル・プラグキャップ・キャブOH・レギュレーター・クラッチリリース・ブレーキクラッチマスターシリンダーなどなど、エンジン補機類のほとんどを交換した。今回のツーリングではバックファイアーも起こらなくなりアクセルのツキもビビッドに、本来のパワーを取り戻した感じ。手に入れてから半年経つけど、今までで一番調子が良い。やれた外装も全取っ替えしたいところだが、これはこれ、GLばあさんの人生を物語ってると思えばこのままでもよいか。



by akane8150 | 2018-02-23 22:14 | Motorcycles | Comments(4)

RZ250改 9 渥美半島 菜の花畑



 春を知らせる菜の花の写真を撮りに、3週ほど前に渥美半島を訪れたが時期早々で「ちらほらの ち 」ぐらいだった。もう大丈夫だろうと読んで、今年おはつのRZで乗り出した。ロングなら早朝に出発することが多いけど、今日はそんなに距離も出ないだろうし、太陽もしっかり上がってからののんびり出発。RZは2ヶ月ぶりだけどチョークを引いたら2.3回のキックで「ボロボロ」とエンジンに火が入る。バッテリーが上がっていようといまいと、キックスタートは関係ないから気が楽だ。


a0339187_18202769.jpg
1981 RZ250改


 かかりはじめは恥ずかしいくらいの白煙を上げるけど、ほどなく落ち着いてくれる。混合が濃いめなのか、昔の頃に比べたら白煙も多いように感じるし実際のオイル消費も400~500km/Lと他のRZと比べると大きいようだ。かといって、オイルの混合比を変えるような仕組みはないので、薄くて焼け付きやすくなるよりはましだと納得している。


a0339187_18232490.jpg
御油の松並木


 名古屋から渥美半島へのルート、高速道路で音羽蒲郡で降りて23号バイパスにのっかるのが最短コースだろう。でも音羽蒲郡ICを降りた先の国道1号線がトラック達で一杯なことが多い。なので、ICを降りてから直ちに「旧東海道」に逃げ込んで、23号バイパスの始まる国府まで近道をすることに。この途中にある「御油の松並木」は江戸時代からの松林が残っているところで、和む場所だ。同様に近道として使う地元民もいるから交通量は多め。


a0339187_18214157.jpg
渥美 田原 「加治の菜の花畑」


 23号バイパスを快走し大崎ICでおり、田原街道を東に進む。田原の道の駅も過ぎて1kmちょっとの左手に真っ黄色になった絨毯がみえてくる。この前来たときは背丈も低い葉っぱだけだったのに、今日は満開の菜の花が一面に広がっていた。未だ最高気温は一桁の寒さだけど、菜の花をみると春が近いことを感じさせてくれる。この日は平日だったので観光客は少なめだったから、独り占めできたような満足感。


a0339187_18221105.jpg
a0339187_18223373.jpg

 これで菜の花に「花の香り」があったのなら、もっと素晴らしいのだが。。。 この渥美半島はメロンや野菜で知られているが、この時期の菜の花も有名で地元では「渥美半島 菜の花まつり」として、1月中旬から3月いっぱいまでの間、各場所でイベントを行っている。2年前の1月中旬は満開だったはずなので、今年はやはり寒さがきついんだろうな。


a0339187_19134558.png

 パンフレットをみると、菜の花畑にも「観賞用」と「菜種油用」の2種類があって、観賞用が早咲きのようだ。3年前に伊豆半島の下田近くの菜の花畑に感動したが、訪れたのは3月中旬。調べてみると九州や四国の知られた菜の花畑もそのほとんどが3月以降が開花だ。つまり渥美の菜の花が国内では最も早咲きになるんだろう。

この場所以外の菜の花畑はあって、それぞれ見て回ろうと思ってはいたけど。。。十分ここで満足できたし、、、寒さは堪えるし、、、ということで、これにて今日の葉の花畑はおしまい。



a0339187_18235517.jpg
a0339187_18230498.jpg
渥美 赤羽根海岸


 渥美にきて海を見ずに帰るわけにもいかないので、赤羽根の道の駅に立ち寄ってみた。ここは海岸沿いが公園になっていて、180度、太平洋を見渡せる豪快な海の景色。幸いに風が弱かったので、海岸も昼下がりの日差しをあびて寒くない。砂浜近くまでRZを引っ張っていて、海をバックにRZのポートレート一枚。

 RZはどのアングルも好きだけど、特にこの姿が大好きだ。白い塗色にゴロワースブルーのラインがタンクからリアまで綺麗に流れ、ボリューム感あるタンクとサイドカバー、リアカウルの一体感がとてもいい。オーバーデコレーションだらけの今時のバイクより、簡素でずっと洗練されている。例え不動車になってしまっても、眺めるためだけでもこのバイクは残しておきたいなあ。


a0339187_18241976.jpg
GL1200 キャブレターフロート


 帰る途中で電話が鳴って、バイク屋さんから「GL1200のキャブレターを開けたらえらいことになってる!」って報告があった。昨年末から「片肺」になっていたGLはずーっとバイク屋に預けてあって、やっと修理が始まったようだが。。。まずは見なきゃと自宅を通り過ぎて、お店に直行。みごとに劣化したフロートがキャブの中で割れていて、これでは片肺になるわけだ。古いバイクだとフロートも金属製でちょっとした破損なら半田付けで治るらしいが樹脂ではそうはいかない。
 幸いにも、他のホンダ車でも使われていたパーツのようで、鈴鹿の倉庫には30個だけ残っていることが判明、すぐに手元に来ることが分かった。やれやれ、これでエンジン不調から脱出することが出来る。なんたって治ってくれないと、春には九州まで行くつもりなんだから!!

おまけ

 喜んだのもつかの間、翌日またバイク屋さんから訃報。今度は「イグニッションコイル」の亀裂。コイル単体はすでにGL1200用としてパーツの在庫はないのだが、品番が違うけどホンダ車のパーツが適合するのではないかとの事。まだメーカーへの確認は取れていないけど。。。なんとか、治して。。





by akane8150 | 2018-02-12 21:32 | Motorcycles | Comments(8)

お気に入りの写真をイラストに



 バイクはとっても独りよがりの乗り物。移動するための手段であったらクルマで十分、敢えてカラダを露出して怪我をしやすいバイクを選択するのは馬鹿げでいる。・・・ 理屈で考えたらバイクなんぞ乗っちゃいけないんだけど、小生を含めバイクに取り憑かれた輩は多い。

そんなバイク乗りは理由もないのに無駄な遠出をしたりして、先々で気に入った写真を残そうとする。絶景に佇む愛するバイク、カーブを曲がりきる自分のライディングフォームなどなどフェチズムに溢れた画像は、至極の宝物ものだ。

でもそうも簡単に「格好いい」写真は残せない。ビジュアル的に均整のとれた構図や背景の取り込み、さらにはピントの合わせかたや露出、時にはその時の天気や日照の向きなど数え切れないほどの条件をクリアして、初めて気に入った画像が手に入る寸法だ。

今回はそんなお気に入りの写真を楽しいイラストに仕上げてくれる「44-Life Works」さんのイラストを紹介してみる。
a0339187_11321643.jpg

a0339187_11315431.jpg

V-max1200 2000年式 


 家族の乗ったクルマとV-maxで併走した際に、腕に覚えのある義弟が撮ってくれた写真。タンデムの次女がタンデムが楽しくって「吠えている」。これは小生の中でも気に入った写真なので引き延ばして飾ってある。この写真をイラストにしてもらうべく制作依頼をしてみた。イラストは全く同じ構図では無いのだけど、デフォルメした人物とバイクの量感、雄叫びを上げている娘の楽しそうな雰囲気が伝わってくる「ナイス」な一枚だ。

a0339187_11324647.jpg
a0339187_11331275.jpg
a0339187_11330717.jpg
CX-EURO 1982年式


 学生時代にロングツーリングに使っていたCX。残っている写真が少ないのが残念だけど、これもイラストにしてもらった。高速道路を走行中に併走していた友人の車からシャッターを押したモノ。たまたまピントが合って背景が流れた「動き」のある写真。所有した後半にBMWのぼかし塗装に憧れてオリジナルの全塗装をしたんだけど、、ほとんど写真が残っていなかった。なので、2つを合成してもらって「オリジナル塗装バージョンの走行写真」にイラストを加工してもらう。これもイラストの成せる技で、どんな無理難題でもこなせてしまう。
a0339187_20361990.jpg
a0339187_20363294.jpg
a0339187_20355036.jpg
MT-01 OS仕様 2008


イラストの作者が同じMT-01乗りの仲間であったこともあり、以前から小生の-01もイラストにしてもらっていた。オリジナルのカウルミラーの姿と現状のバーエンドミラーに変化したこともイラストで再現してくれている。いじったパーツであるスタンドフックや独特のリアキャリア、上下のスライダーなど正確に再現されていて面白い。カウルミラーが無くなって、フロントカウルの形状がスッキリしたこともよく分かる。

a0339187_11463475.jpg
a0339187_11465309.jpg
a0339187_11473190.jpg
RZ250改 1981


 RZ250も気に入ってくれた題材のようで、ブログに上げてあった写真からほのぼのとしたイラストに仕上げてくれた。このRZはかなりデフォルムされているが、小生のメットやつなぎのディーテルが上手く表現できている。お誕生日のフェイスブックにはロゴ入りでプレゼント頂いた。RZのゴロワースカラーのブルー2色がよく再現されている。

 44-Life Worksさんは、
三浦半島で本業は「深海釣り専門の乗合船」の船長さんだ。同じMT-01乗りの仲間がご縁のきっかけで、SNSなどでつながることが出来る。

フェイスブック https://www.facebook.com/iwayoshi44/
ブログ  http://fman44.exblog.jp/

 小生はこのイラストを大きめにプリントアウトして部屋に飾ってある。今後は、GLサイドカーやセロー、さらには過去の愛したクルマ達もコレクションに加えるべく制作をお願いするつもりだ。






by akane8150 | 2018-02-07 21:51 | Motorcycles | Comments(4)
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite